よくわからないことは多い(思考停止メソッド)

「自分で考えるのをやめる」という思考停止メソッド(?)を始めて一週間とちょっと過ぎた。そうはいっても全然たくさんのことを考えているけれど、「もやもやと思い悩む」というほど考え続けることはなくなった。

思考が始まると、ある程度のところでたいていは不快感が始まる。そこで、「あ、考えるのはやめたんだった。潜在意識が全部完璧にしてくれるんだ」という決まりごとに気づく。考えるのをやめる。思考はしつこく湧いてくることもあるけれど、頭のなかで何かと何かが戦い続けるようなことは減った。

変化はある。なんとなく、というかはっきりと、寝起きがすっきりしている。いままでもたまにそういうことがあったけれど、最近は連続してすっきりしている。目の周りがひんやりして(それは冬だから)、頭が空っぽでクリアな感じがする。気分も少し、いやだいぶ軽くなっている。

自分で何も考えない。すべては完璧な潜在意識が執り行う。そうすると、だいたいのことはわからなくなる。何が正しいのかわからない。AかBかと質問されてもわからない。自分で考えないので、わからないのは当然だ。まあ、人に聞かれればなんとなくしゃべる、わからないなりに。でも参照すべき客観的な正しさはどこにもない。これは正直すごく気が楽だ。

たとえば誰かの特定の振る舞いをどう思うか。わからない。自分がどう感じているかはわかる(それを言葉で表現できるかは別として)。ただ、どう感じるべきかはわからない。また、他者がどう感じるべきかもわからない。他者がどう感じているかはその人が感じているだろう。

この世によくわからないことは多いのに、わからなくちゃいけないとなぜか思い込んできた。わからないことは悪いことではない。ただわからないというだけのことだ。そのままにしておいてもいい。

自分の立場を明確にしてそれを守り通すための力が必要なくなると、エネルギーも浪費されなくなる。

わからないでいいと思うと本当に楽だ。

というか、ずっと前から、何が正しいかなんて、全然わからなかったのだ。ずーっと、わからなかった。そのことをようやく受け入れたような感じだ。諦めというより、安堵感。

考えなくても、わからないままでも、問題なく物事は進んでいくし、普通に行動もしている。ちょっと信じられないけれど、こういう世界があったのだ。