nemoto

NO IMAGE ブログ

過去も未来もいらない

ハッピーさんが「未来を捨てろ」というかっこいい発言をしていて、かっこいいし、わかりやすいな、と思っていた。別の日、子宮委員長が「あなたが捨てたいものは?」と質問していて、「うーん、過去」と思った。過去も未来もいらない。 過去といえばノ...

「インナーゲーム」と思考を停止すること

引き続き、「思考を止める」を続けている。思考が始まるが、止める。ところで止めると書いてあると「やめる」ではなく「とめる」と読んでしまうし、「止める」と書く時も「とめる」と打っている。どっちなんだろう。どっちでもいい。 そういえば、思考...
NO IMAGE ブログ

思考を停止する

昨日から「思考の解放・思考停止」というサイトを読んで、思考を止めることを実践している。といっても思考は次々に出てくるし、振り回されっぱなしで二日目は終わろうとしているけれどそういう思考も止める。 この記事も書くにはもう少し続けてみてか...
エンタメ

映画はまた危うく始まりそうに…「私の少女」

※うっすらとネタバレしています。 見終わった時にはこんなのってありかぁーと放心状態だったのだけれど、感想を検索してある仔細な評論を読んで、その全てに同意するわけではないし理解できている自信もないのだけど、「ああ、そうだった映画とはこう...
エンタメ

チョン・ジヒョンの哀しい背中「ベルリンファイル」

どういうわけか気が重くて感想を書けないでいたのは、チョン・ジヒョン演じる大使館通訳職員が「接待」を行うシーンのためだろう。実際にはそのシーンは描かれないにもかかわらず、どうもそのことを思い出して疲れてしまう。独裁者による恐怖政治の下では命も...
NO IMAGE エンタメ

血みどろの夏帆「東京ヴァンパイアホテル」

返り血を浴びながら、ヴァンパイアたちをぶった切っていく強い夏帆を見るだけでも楽しめる作品。というかそれが楽しめないと楽しめないかもしれない作品。女がぶっ飛ばされても全然死なず何度でも復活する感じはとてもよい。 ヴァンパイアホテルでの血...

トーシャ・シルバーの本

8月の終わりごろだったかに読んで、なんか自分の向きが変わった気がした2冊の本を紹介します。 第一弾『とんでもなく全開になればすべてはうまくいく』 『とんでもなく全開になればすべてはうまくいく』の方は、前から存在は知っていました。...

自分と経験の境界線?『ただそのままでいるための超簡約指南』再読

続・プチ非二元ブームで、今度はこちらの本を再読した。 以前にもこの本については紹介記事を書いているけれど、今回は全然違う観点から見てみる。というか、正直言うと、前の記事を今読んでみても、ぴんとこなかった。まあ、そういうものだ。 ...