ミラクルひかるの狂気と才能

ものまねメドレー選手権

「とんねるずのみなさんのおかげでした」のものまねメドレー選手権を見た。ミラクルひかるがすごかった。ひとり別次元にいた。

篠原涼子、工藤静香、研ナオコ、あと誰をやっていたかな。(あ、YOUと松田聖子)

ああしよう、こうしようというコントロールが感じられなくて、媒介である本人にとってはどうでもよさそう(に見える)なのだが、そこでモノマネが現象として起こっている。だからものまねをしたまま、フリートークができる。篠原涼子が「ありがと」と福士蒼汰に言い、福士蒼汰が聞き返すと、「ありがとって言ってんの」と篠原涼子が返した。そのときミラクルひかるはどこにもいなかった……。(衝撃……っぽく書いてみた。)

 

不穏なまでの才能

特徴的なのは、もう一度いうがすべてがどうでもよさそうなところだ。心ここにあらずで内容も構成もクレイジーなのに、ものまねのクオリティが半端じゃないため、不穏さがすごい。なぜいま工藤静香で、なぜ研ナオコなのかがわからないが、とにかくそうなのだと無理やりねじふせられる。

「いやいや、彼女だって裏では相当の努力をしているよ」と言われるかもしれないが、古いVTRを見ながらもくもくと練習しているのだってミラクルひかるであってミラクルひかるではないんじゃないのか。

すがすがしい狂気とスリル

この番組に限らないが、ものまね番組に出てものまねタレントと肩を並べていることが不可解に思える。本人もそう思っているかもしれない。だからといってどこに行って並べばいいのかわからないが。

そういえば登場の際、「エロティックなものまね界の女王が六本木での夜遊びを休んでやってきてくれました」とかなんとかと紹介されていた。モノマネの才能がすごすぎて、何をしても虚しいのかもしれない。まだ誰も見たことのない、彼女にふさわしい芸能の形があるのではないだろうか。

ミラクルひかるがモノマネをしていると一瞬も目が離せない。すがすがしい狂気にスリルを感じる。数年前の浅野温子のヤマタノオロチに触れたときの衝撃を思い出した。

鬼奴、福田彩乃

そのほか記録として。椿鬼奴はもはや何をしてもすべて素晴らしいが、「聞こえない」というジャンルを確立し、またその地位を盤石に。鬼奴の桃井かおりはもはや見るとありがたい気持ちになる特別枠。福田彩乃は武井咲のポイント5倍コールなど構成にやや狂気を感じさせて数を詰め込みしっかり力を見せていた。女性陣の奮闘に惹きつけられた。(なぜかものすごく講評っぽくなってしまった。)

関連記事
http://changelog.biz/miracle-hikaru-02/

 

ミラクルひかるの狂気と才能」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ミラクルひかるの愛と挑戦 – changelog.biz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。