2万超えでもコスパよし! 買ってよかったウィンドブレーカー, アークテリクス スコーミッシュフーディー

どんな季節でも、これ一枚で快適。

アークテリクスのスコーミッシュフーディは知っている人は知っている定番の人気商品です。さっと羽織れる「シャカシャカ」素材のアウターを探していた私は、昨年美容室の雑誌で見つけて、銀座の旗艦店を訪れて買いました。もちろん今年も販売されています。いわゆるウインドブレーカー、ソフトシェルというジャンルの商品です。

 

9595

今だったら黒を買いますが当時はエネルギーを欲していて赤(色名はmagma!)をチョイス。

軽くて持ち運びやすく、ちょっとした温度変化に対応するのには最適な一枚です。年間を通して、鞄に放り込んでおくと安心。夏でも電車の中は冷房がきついことがありますし、冬はアウターの下、セーターの上にこれを挟むと温かいです。小雨程度なら雨具代わりにもなります。

ポケットは胸元に小さくひとつだけ。これで充分です。

胸ポケットを裏返せば、エコバックみたいに小さく。

 

買ってよかったと思える理由

細部のあしらい

価格は二万円強。似たようなものをもっと安く、10分の1の値段で買うこともできます。それでも、これを買ってよかったと思うのは、首元やフードなど細部のあしらいが丁寧に、よく考えられて作られていること。

化学繊維、なのに快適。

そして一番気に入っているのはこの素材感です。スコーミッシュフーディーはナイロン100%ですが、触れた感じは自然素材のように柔らかくサラサラです。さすがに素肌に着ることはありませんが、Tシャツの上にこれを羽織っても快適です。旅行先でホテルの部屋が少し寒くこれを着て寝たところ、違和感のなさにびっくりしました。柔らかく、通気性がよく、アウトドア用のアウターを着ている感じがありません。

 

母も私が着ているのを見て気に入ったようで、今年購入。母に付き添った際、黒がかなり気になって私もしつこく試着しました。そのお店にはXSがなかったので購入には至りませんでしたが……うーん、迷っています。二色目を買うのも何なので、服の色を絞り、例外的にこれだけをキーカラーとして残すのもいいかもしれませんね。

母はAdriatic Blueをチョイス

 

今日のスタンプ



store.line.me




着やすくて思わず3枚買い, 無印の白シャツ&紺シャツ

無印良品の白いシャツ(商品名「オーガニックコットン洗いざらしブロードシャツ」)を買いました。コスパが良いと評判のシャツです。

cof

ほんとに洗いざらしでしわくちゃ

 

コスパ最強、いい感じの無印白シャツは進化していた?

白シャツ縛りで人生がはかどる

世は持たない暮らしブームです。私も断捨離してずいぶん気分が軽くなりました。服に関しても何度も断捨離しており、ゴミ袋をいくつも捨てましたが、まだまだすっきりさせる余地はあります。この夏は、なぜか柄シャツを何枚も買ってしまいました。何か人前に立つ用事があると、服を買わなければと、慌てて何枚も買ってしまうようです。「足りない」、「持っていない」という意識があるんですね。そうして手に入れた服はコーディネートが決まらなかったりして持て余しがちです。

外出着を白シャツ一本に絞るとはかどる、という話を以前読んだことがあります。ふむふむなるほど、と思ってもなぜか試す気にはならなかったのですが、カラーボックス断捨離のあと意識が変わったのか、服にわずらわされたくないという気持ちが高まりました。

 

いい感じなので3枚買いました。(早くも白シャツ縛りを破って)

というわけで一枚買ってみたところ、形もきれいでなんだかとても自然に着られるので気に入り、もう一枚買おうと無印良品有楽町店を訪れました。

するとそこには「2点以上で20%オフ」の文字が!! (ネットショップでは2016年10月12日(火)10時まで「婦人オーガニックコットンシャツ(いっしょに買うとお買い得」)

目に映るすべてのことはメッセージと思い、素直に2枚買うことにしました。そこで選んだ2枚目(のべ3枚目)は紺色。白シャツ縛りは早くも破られました。

とはいえ私としては紺(ネイビー)は大好きな色なのでOK。洋服は品数もそうですが、これからは色数を抑えていこうと思っています。白、紺、黒、グレー縛りでいこうかなと思います。柄物は基本やめます。

というわけで白白紺のブロードシャツが並びました。

 

ボタンを2つ開けると雰囲気がかなり変わりますね。まじめな感じからこなれた感じへ。
[adsense]

ブロードシャツが進化(≒コストカット)していた?!

……と、写真にとって気づきましたが、約一週間の間に、ブロードシャツは進化していたようです!?

 

左が前ので、右が最新ですね。サイズタグがプリントになっています。品質表示もプリントになったので新しい方のシャツにはタグは一切なし。よってそこに縫い付けられていた 予備のボタンもなくなりました。確かに最近シャツのボタンって取れることがないですし、あのボタンって使ったことありませんでしたね(一度も使われずにその生涯を終える大量のボタンの存在にしばし思いを馳せる……)。一緒に買った紺はまだタグ仕様でした。

そして、現在なにげに紺シャツヘビロテ中です。

今日のスタンプ


store.line.me

【本】〈私〉の輪郭をじんわりゆるめてくれる本, 中野真作『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる』

今日は先日も少しだけ紹介した、中野真作さんの『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる』を紹介したいと思います。今の私にはとてもわかりやすく、心が柔らかくなる本であり、繰り返し読んでいます。

非二元は、「〈私〉には実体がない」という極めてラディカルな教えです。中野さんはしかし、そのことを繰り返すのではなく、「私」というものが現にここにある、現にここに苦しみがある、という地点にいる私たちにもゆっくりと「私のなさ」を染み込ませてくれます。いわば、私の輪郭を温かな液体にひたひたに浸して、時間をかけて緩めてくれるようなのです。

そこには何かを教え説こうという主体がなく、焦りや渇望がなく、教えのようなものがただ起こっているということが実感されます。これは下に掲載するyoutube動画を見て、ますますそう感じました。エックハルト・トールの動画もそうですが、ここに教師と生徒がいるのではなくて、問いと答えが生じているだけなのだと感じられるのです。

非二元はラディカルな教えと書きましたが、しかし精神の探究が非二元に行き着くのは当然のことと感じます。私という境界を保ったままの自己肯定には限界があります。この境界が私と誰かの違いを生み、違いは思考によって養われ、「なぜ?」という疑いを生み……つまり私とは苦しみそのものです!(笑)。

自己肯定や引き寄せと言われる教えが、喜びを得ることの方を向いているとすれば、非二元は苦しみを手放すことの方を向いているのではないでしょうか。「いや、私には喜びを得る必要がある」と考えるとき、そこにいつも焦燥があり、痛みがあるのがわかるはずです。

何かを獲得するよりも、手放すこと。私という輪郭を強くすれば、生きることは楽になる、と私たちは思い込んできました。獲得したものをどんどん積み重ねて部屋をいっぱいにして、心が満たされる日を待ち望んできました。でも、そんな日はいつになってもやってきません。逆なのです。もう何も必要ないという安堵感以上に心を満たすものはありません。私という輪郭がないこと以上に私を自由にするものはありません。喜びを獲得する必要はありません。苦しみを手放すだけでいいし、それは可能です。

また、この本を読んでいて感じたのは、これまでいかに自分が感情を押さえ込んで、殺してきたかということです。怒りの感情が蘇っても、思考でがんじがらめにして押し入れの隅に押し込むようなことを繰り返してきました。今、初めて、この本にかかれていたように、身体の緊張としてその存在を感じるようにしています。私に抵抗されて残った悲しみはいったいどれだけあるのか、どれだけただその存在を感じることを繰り返せばいいのか、少し途方にくれています。しかしとにかくやってみましょう。中野さんのような方を見ると、長い探究は味わい深いものなのだと感じて心が温まります。ジョーン・トリフソンもそういった方ですね。

この本はKindle Unlimitedで読むことができます。非二元に興味のある方はもちろん、引き寄せや自己啓発をもう一歩深めたいときに出会ってほしい一冊です。

 

以下、『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる』より

「人生の苦しみのたった一つの原因は『ありのままの私ではだめだ』という考えである」
このことは、あるレベルではその通りなのですが、これをもっとも深い部分まで探求して行くと、次のような真実に目覚めるときがやってきます。
「そもそも、その『私』という考えそのものが苦しみの原因である」

それが嫌な気持ちであれ、心地よい気分であれ、今、この瞬間に起こっていることを頭で判断せずにそのまま感じ取ることはとても大切なことです。それが「自分を愛する」ということなのです。

心の病、心理的な苦しみの本当の解決は、この「小さな自分」という感覚から解放されることにあるのです。

何も考えていないときの自分を意識する

「あなたはただ開かれて在りなさい。あとはすべて愛がやってくれるでしょう。」ガンガジ(http://gangaji.jugem.jp/?month=201112より)

本当の安心感、本当の幸福感を求めているのであれば、ここは思いきって「そもそも、普段自分が自分だと思っているものはすべてはかないもので、夢のようなもの。本当は存在していないのだ」ということを認めてみてはどうでしょう。

外の世界の何か、誰かを判断し、否定するたびに、自分自身を否定し、自分自身を苦しめています。そのたびに、大いなる存在としての自分をエゴとしての自分に制限し、自分を小さな枠の中に閉じ込めていきます。  まず、判断していることに気づくことから始めてみて下さい。心の中に判断の思考が流れていることに、ただ気づくのです。  そして、できれば、そのときの身体の感覚を意識します。身体のどこがこわばっているか、どこに力が入っているかを、意識しておいて下さい。

その人を見て感じるイライラは、実は自分自身の認められていない怒りなのだ、ということに気づき、その怒りをエネルギーレベルでしっかりと実感し癒して統合していくプロセスが起こるのです。

「悟り」という言葉で表現されているものはなんら特別なものではありません。ただありのままのものをありのままに見ることです。このことがわかってくるにつれて驚いてしまうのは、私たちは普段ありのままの世界をほとんどまったく見ていないということです。

今どんなに苦しくても、あなたは、今のあなたには想像もできないくらい変化していくことができる。 だから絶対に大丈夫。

ありのままを感じること。起こることをただ起こっているままにしておくこと。 感情がわきおこってきたら、それがわきおこってくることを許すこと。身体のエネルギーそのものとして感じ取ること。

「中野真作の悟り(非二元)と癒しのお話」No.1(11まであります)

本書の出版記念の地球ひろしさんとのトークも味わい深いです。

【使って4ヶ月】Huawei P9の使用感レポート

HuaweiP9を使用して4ヶ月弱が経ちましたので、改めて使用感をレポートしたいと思います。

ちなみに前回の記事はこちら
Huawei P9を二ヶ月使った感想。ライカカメラは最高!だけど…

スマホとしての使用感

なんの不満もありません。ばっちりです。SONY Xperia Z ultraから乗換で、初のHuaweiでしたが、後悔はなし。

ただコスパを考えるとP9 liteだったらどうだったのかな、とは思います。カメラ性能がある程度でOKなら十分だったか、と。

Huawei P9のライカカメラ

というわけで多くの方が気になっていると思われるライカカメラです。iPhoneが割り切って完成度を高めた作画をしているのに比べると、P9は設定などが豊富にある分ややマニアックかなと思います。そして自分がそのポテンシャルを活かしきれていないのかな、というもどかしさもあります。写真が趣味の人がいじって楽しいスマホなのかもしれません。とはいえ一眼はもちろん、高級コンデジの代用になるほどではないかと(これも使いこなす力次第かもしれません)。

「ライカカメラ」としての楽しさはどうでしょうか。これがなかなか難しいところです。フィルムのライカカメラなら、あるいは使ったことはありませんがライカのデジカメであっても、ただピントを合わせてパシャリと撮っただけで、圧倒的な作画ができるイメージがあります。フィルムのライカカメラは一度借りたのですが、それは味と力のある絵になりました。

このスマホがそうかというと微妙です。ぼかしはちょっとわざとらしいですね。上手にやるにはコツが要りそうです。写真を撮るのが楽しくなってバシバシ撮れたらと思ったのですが、いまのところそれほどでもありません。

暗い所、室内はあまり得意ではないようです。でもスマホで撮影するのは室内が多い。かといって風景も得意ではありません。明るいところで、これというモチーフを撮るのに向いているでしょうか。

ただこの感想はたんに私が写真を撮るのが好きじゃなくなっているせいなのかなと言う気もします。学生の頃は一眼レフを手に、出かけて街の風景を撮っていたのですが、撮影スタンスがスマホ時代にバージョンアップできていないのかもしれません。その辺の気分の持ち上げまでP9に期待しているとすれば申し訳ないです。

ライカカメラ付きスマホを自分で試してみないと気がすまない方は使ってみることをおすすめします。私自身、そのポテンシャルを活かしきれていない気がするので。今思ったのですが、これはこれぞドイツといった生真面目なスマホカメラなのかもしれません。パシャパシャ撮ってラフに楽しむことを期待してはいけないのかも。ともかく、スマホのカメラでこういった作画の傾向まで語れるようになったことがすごいですね。

撮影サンプル

1474242885192-1

img_20160914_190454

img_20160916_125857_burst001_cover

img_20160831_093931

 

サイズ感、まとめ

5.2インチはちょうどいいですね。大きすぎず小さすぎず。KindleUnlimited読みまくってますが、画面の大きさは全く問題ありません。(ただKindle アプリが相当問題あるようで、ページを送ると画面がずれ続けたり、起動に時間がかかったりします。アップデート待ちでしょうかね)

一つ確かなことは、zultraのときよりもスマホに触っている時間は明らかに増えました。
この小ささ、さくさく感、バッテリーの持ちがよく、いじっていてストレスのない、たのしい端末です。前回撮影していると機体が熱くなると書きましたが、それ以外での連続使用では特に発熱を感じることはありません。

P9 liteを使ってコスパの面を比較できればいいのですが、迷ったらハイエンド。それで後悔はないでしょう。

 

関連グッズ

関連グッズというか本体。私は白にしましたが、ケースをラギッドアーマーにするならグレーがおすすめです。白だと黒い額縁みたいになっちゃうので。

ラギッド・アーマーのケースって初めて使ったけどすごくいいです。使用感もいいし、堅牢さに安心感も。

フィルムはこれで問題なし。

 

関連記事

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-23-2-36-27

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-23-3-22-47

おいしいものカテゴリの写真はたいていP9で撮影です。

KindleUnlimitedで読める、おすすめのスピ本5選(*2016/12/02追加)

th_bookshelf-barnimages-com-1-1024x6832x

KindleUnlimited、いいですね。私は活用しています。自己啓発書やビジネス本などちょっと気になっていたものもとりあえず読めるというのがありがたいです。スピ本の充実度はというと、まあ、いまひとつ。でもこれは!という本が読み放題対象になっていたりします。

KindleUnlimitedで読める5作品!

エスター&ジェリー・ヒックス『サラとソロモン: 少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣』


「引き寄せの法則」でおなじみのエスター&ジェリー・ヒックスの本。童話で「引き寄せ」を理解できます。赤本、青本等のシリーズよりも根強いファンが多い印象です。実際、サラとソロモンという子供とフクロウの出会いを通して、いい気分でいることの力、引き寄せの本質を知ることができます。

引き寄せは非二元界隈では批判、あるいは無視されがちですが、どうもことはそう単純ではないように思います。本質的に伝えたいメッセージは、善悪など存在しない、死も存在しない、ということなのではないでしょうか。サラとソロモンシリーズは何度も繰り返し読む価値のある「するめ本」です。

大木ゆきの『100%の幸せ』


大木ゆきのさんの本はこれまでも当ブログで何度か紹介しています。この本の紹介も。自由に溢れ出すメッセージを浴びるといつのまにか元気になるはず。何冊も本を出されていますがエッセンスは変わりません(でもつい他の本も読みたくなりますよ)。詳しくは紹介記事を御覧ください。

[本]あなたは何も欠けていない。だから好きに生きよう!(『100%の幸せ』大木ゆきの)

マイク・マクナマス『ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。』


適性や他人の評価などおかまいなしに、わくわくすることを全部やれ!というワクワク教の本。スピ本のかつてのベストセラーですね。こちらも詳しくは紹介記事を御覧ください。

[本]ワクワクすること全部やれ!才能は関係なし!(『ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすることにある』)

 

中野真作『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる―非二元・悟りと癒やしをめぐるストーリー』


今回読み放題のスピ本がほかにないか調べていて見つけました。日本人著者の書いた非二元系の本の中では本当に親切でわかりやすく、間口の広い本ではないかと思います。さきほど「サラとソロモン」の紹介で書いたとおり、「引き寄せ」というような目の前の現実を変えるためのスピリチュアルについても理解のある書き方をされています。あらためて紹介記事を書きたいと思います。おすすめです。

【本】〈私〉の輪郭をじんわりゆるめてくれる本, 中野真作『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる』

 

*2016/12/02追記

ジョーン・トリフソン『つかめないもの』

この本も読み放題対象になっていました。非二限の名著です。多くの引用文が添えられていて、それを読むだけでも、何かが静かに響いてきます。濃厚だけど清涼感があり、真面目で誠実かつチャーミング。丁寧にじっくり時間をかけて読みたい本です。探究は結果を求めるものではなくて、探究それ自体が報酬、という感じですね(スピノザ的)。

 

そのほかにも書店で平積みになっていたスピ本がいくつか読み放題になっているのでピックアップしておきます。

※KindleUnlimitedは対象の書籍が変更になることがあるようです。その都度「読み放題」になっているか確認のうえご利用ください。また、読み放題であっても購入ボタンをクリックすると支払いが発生してしまいますのでご注意を。

わからないままでいること

 

「修行の旅に出ようと思っています」

「その修業の目的は何か」

弟子は「わかりません」と答え、師は「ああ、知らないことがもっとも親密なものだ」と告げるのです。

ステファン・ボディアン『過去にも未来にもとらわれない生き方』

 

 

 

 

 

[本]悟れば君も超人になれる、のではなくて(サリー・ボンジャーズ『わかっちゃった人たち』)

今日は黄色い本を紹介します。サリー・ボンジャーズ著、古閑博丈訳『わかっちゃった人たち』です。副題は「悟りについて普通の7人が語ったこと」です。そう、副題が内容をそのまま表しています。

なんだかとても風通しのいい、気持ちのいい本です。教えようとせず、聞かれたから答えているといった感じの「普通の7人」が、それでもそれぞれに個性的で、チャーミングです。

以前読んだときは「わかっちゃった」ことが羨ましくて、どうやってそれが起こったんだろうということを読もうとしていました。でも、今回はそういう感じではなく読んでいました。どういう感じなのか言葉で説明するのは難しいのですが……。

鍵穴は通り抜けられません。「あなた」は問題ないし、どこかに行く必要もないんです。「自分はまだだ」とか、まだ先があるという感覚も、あっていいものなんです。それも全体の一部です。

 

つけ加えてもいいかしら。私はたぶん前よりも退屈な人間になったんじゃないかという気がします。(…)ひとりでいるのがすごく楽しくて、何もしないで静かにずっと座っていることもあります。(…)とにかく前よりもちょっと面白みがない人間になったような気はします。

 

 

私はずっと悟ればすべてが解決すると思っていました。悟ればあらゆる問題が消える、悟った自分は特別な人になって、やりたいことをなんでもできると思ってきました。少し前に「個人は悟らない」という言葉に出会い、しばらく大事にしていたので、悟って特別な人間になるという矛盾した望みは薄れてきました。

この本はごく普通の暮らしを送る人ばかり出てきます。悟った人がみんなスピリチュアルスターになるわけではありません。

私自身、悟れば何かが書ける、人に霊的なことを教えることができるとも思ってきましたが、悟ったら、個人としての私は書くことに関心を持たなくなるかもしれません。個人としての私が長年抱いてきた夢を、なんとも思わなくなる可能性があるわけです。もっというと、悟りを渇望してきた私が、ああ、「個人としての私そのものが妄想だったんだ」と気づいて、ただ純粋に目の前の妄想を楽しむようになり、それまでの自分が軽蔑してきたような生き方を始めるかもしれませんよね。

でも、どうなろうと知ったことではありません。それでもかまわないと思います。いまは「どうぞお好きにしてください。どうせ私にはなんの決定権もありません。この世界に起こることをコントロールすることは不可能です」という気分です。

仏教系のありがたいお話?(草薙龍瞬『反応しない練習』他)

お掃除中にAudibleでお坊さんの話を聞きました。日頃スピ本スピ本と言っている私ですが、白人コンプレックスバリバリなのか西洋系スピリチュアルに偏っています。西洋系を経由してのインドとか。仏教はあまり聞いたことが無いのですが、なぜか聞いてみることになりました。

最初に聞いたのはこれです。

「生きていることは苦だ、苦だ、苦だ……!!」と繰り返して言うので笑ってしまいました。残っているのはそれだけです(笑)。そんなつまらん本なわけじゃなくて、聞き流しているので何日かしたら忘れてしまいました。ズケズケ容赦せずに言ってるのはいい感じです。この新書のシリーズは「怒らないこと」が有名でかなり売れていると思いますが、デザインが秀逸なんじゃないでしょうか。オレンジの丸がインパクト大です(暴言)。

 

次にこれ。

著者の朗読がうまいです。法話慣れしてるんでしょうね。うまいし頭がいい人という感じ(東大出身と聞いてのことか)。ブッダはとても合理的な人だということでした。これを聞いた何日か前は、「反応しない」ことがすごくいいことのような気がしていたんですが、今の気分は別に反応してもどうでもいいという感じです(笑)。やっぱり何を言っていたのか忘れてしまっています。いわゆる「内観」のような、自分の反応を客観的に見つめるメソッドについて語られていたような。

いいこと言うな、と思ってメモったのが、「やりはじめたら結果は忘れよう。そのほうが楽しいから」という言葉でした。

そしてメソッドがいっぱいです。フレーズとか。問題に直面したら、いつも「方法はある」とつぶやく。これは使えそうですね。

ただ、どうもですね、読者に対して妙に優しい雰囲気があるんですよね。「自分たちはもっとやばいところまでわかってるんだけど、そこまでは言わないから、危なくないこのくらいのところまで教えるからね、これを守ってれば平安でいられるよ〜」っていうふうに見くびられているような気がして……と仏の道にあるまじき対抗心!!我欲よ!!

しかも、書いていてこの本そうだったかなーと思えてきました(笑)。立派な人だな―ふむふむなるほどね、と思いながら聞いた気がします。昨日読んだ賢者テラさんの本への感想が重なっている匂いがプンプンしてきました。Audibleで感想を書くのは危険ですね。