[本]ワクワクすること全部やれ!才能は関係なし!(『ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすることにある』)

KindleUnlimitedに入っていたので読みました。といっても、スピ本の世界では名の知れた本であり、前から読んでみたかった本です。

 

「ワクワク」といえばバシャールですが、このソースは「ワクワク」の現実的応用法、使い方の注意点について書かれています。ワクワクすることをリストアップして「全部やれ」というところが特徴です。全部やることで思わぬ化学反応が起き、道が開けていくというわけです。本当にやりたいことを、と純化していくのではなく、下手くそでもとにかくやってみるというのがいいですね。

 

この本の日本での発行は1999年ということでそんなに昔でもないのですが、時代を感じるのは、「おかしいと言われても意に介さずやってください」的な熱い雰囲気が随所に出てくるところです。
「ワクワクすることをやろう、それでいいんだ」というメッセージが、今よりももっと先鋭的で、珍しいものだったのだなと感じます。その分、熱心に励まし勇気づけようとしてくれる著者の温かさが伝わってきます。99年にこのメッセージを発していたことはやっぱりすごいことだなと思いました。2016/09/08現在もKindleUnlimitedに入っていますので、ぜひ読んでみてください。

 

「適性があると言われたからといって、それをする必要もなければ、好きになる必要もない。しかし、適性がなくてもワクワクすることなら、やったほうがよい
世間には能力に関する誤った通念があって、高収入を得、社会的地位や名声を獲得するには才能や能力が必要だと信じられています。
しかしこれはまったくのウソです。
適性のあるなしはまったく関係ありません。大切なことはただひとつ。自分をワクワクさせることや夢中にさせてくれるもの、幸せな気持ちにさせてくれるものをいちずに追い求め、実行することです。そうすれば、その他のことは自然にうまくいくのです。
才能とは見る人が勝手に決めることではないのでしょうか。

まず数多くあるワクワクが何かを見つけます。つぎにそれをすべて同時に生活に取り入れ実行します。それぞれのワクワクに同じ量の情熱をそそぎます。目標ではなく、方向を定めて、小さな一歩を踏み出します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。