私もカンヌで絶賛したかった「お嬢さん」

見なきゃと思いながらどうも気が進まなくて、ついに見たのだけれど、こんなに素晴らしいならもっと早く見ればよかったと悶絶するという一人コントを繰り広げていた。本当に素晴らしくて、途中声をあげて笑っちゃうくらいで、ガッツポーズして最高!って感じだった。

素晴らしい映画についてはそんなに言うことがないし、コメントもしにくい。これはどう考えてもネタバレ回避すべき作品だ。

でもうっすらとネタバレしないとこの先が書けないので、この先を読むと、どことなく、わかってしまうので見る前に読まないでください。


不信が信頼へと変わる喜びが映画的経験にはあって、もうこれはひどい話なんじゃないか、見たあとうんざりするんじゃないか、感情を振り回されて疲れ果てるんじゃないかという疑いとともに進んでいくと、うわー!!最高じゃないか!!なんてことだーー!!!っていう歓喜に変わる。最初から大丈夫だよと言われてるとそういう振り回されは起こらないから、ディズニー映画とかはもうその時点で、損してるよね。韓国映画はどんな弾が飛んでくるかわからない怖さがあるのでかなりハラハラした。これはカンヌ映画祭で見て十分間のスタンディングオベーションに参加したい人生だった。

映画の内容も不信が信頼へと変わる喜びについて描いている。不信、不信、不信。しかし泥沼の中に美しい花が咲く。純粋さ、素朴さ、勇気が勝利する世界を入り組んだ構成で正面から豪速球で投げる。こんなことができるんだな。ふつう寓話のようになってしまうことを恐れる。でも情熱をもってそれをやる。寓話と言えば寓話なのだ。おとぎ話のような世界観だ。ただしエロくてグロくてサスペンスフルな、本来の意味でのおとぎ話だ。

あーー素晴らしいものって思考の必要がないんだ。賞賛はバカっぽい。けどそれが賞賛だ。正真正銘の。

何も言うことはないし、言葉を尽くす必要もない。すでにすべて映画が語っている。スタンディングオベーションというのは便利だ。