ブルーボトルコーヒー初体験記「まずい!もう一杯!!」

ブログ

オープンから一年半、待ち時間は5分ほど

先日、お休みの日に話題のブルーボトルコーヒーに行ってきました。話題の、と言っても、2015年2月のオープンからもう1年半以上経っているんですね。つい最近の気が……。

今は青山や新宿にも店舗があるようですが(そして中目黒、品川にも近日オープンだそうですが)、私が行ったのは日本上陸一号店の清澄白河。休日の夕方、日が暮れた時間帯でした。

駅から少し外れた住宅街に突然現れるファクトリー感あふれる店舗。

 

9815

横からドーン。(正面の写真は撮り忘れました。)

おしゃれタウン化する清澄白河

ちなみに清澄白河、すごーくおしゃれタウンな感じになっています。この十年でじわじわとカフェが増え、なんだか昔の裏原宿みたいです。気張らないおしゃれを気張るあれ。どなたかのツイッターで見かけましたが、「清澄白河、門前仲町は二十年前の中目黒、恵比寿(!)のよう」とのこと。本当でしょうか。ビルのひとつでも買っておきたくもなりますが……この辺のマンションもかなり値上がりしましたね。

さて、ブルーボトルコーヒーです。オープンから1年半以上過ぎた今でも、結構混んでます。すごい。とはいえ列は店内のみで待ったのは5分ほどです。オープン当初は二時間半待ちだったそうなので、かなり買いやすくなりましたね。

 

定番はブレンド、ニューオリンズ

メニューはいろいろあって違いがよくわからないので並んでいるときに慌ててスマホで検索しました。でも、前のカップルは店員さんに相談して、楽しげに長く話し込んで決めている様子。

なので私も定番を聞いてみました。定番は、ホットならドリップの「ブレンド」。アイスならミルクと砂糖の入った「ニューオリンズ」とのこと。

私は基本コーヒーはブラック派なので、ブレンドにしようかな、と思いました。でも歩いてきて暑かったので、定員さんのおすすめを無視して(笑)、アイスのブラック、つまり「コールドブリュー」にすることにしました。とりあえず店内の椅子に腰掛けて、

 

9813

ゴクリ。

飲んでみたコールドブリュー

「なんじゃあこれ!!」と思いました。

 

「……まっずー」

 

独特の風味があり、いままで飲んだことのない味です。2口くらい飲んで席を立ちました。

 

とはいえ、さすがに捨てたりはしません。門仲方面へ歩き始めました。

 

歩きながら、ひと口飲むたびに複雑な気分に。

 

「まずいな。これ、コンビニコーヒーだったら、即捨ててるな」

 

そう思ったのを記憶しています。

 

歩き続け、飲み続けました。3分の2くらい飲み進めると、慣れたのか、もうまずいとは思わなくなっていました。

 

そして飲み終わった時には、「ああ、終わっちゃった」というやけに寂しい気分に……。

 

 

「もっと飲みたい……」

 

bb-bottle-logo-small-b213e43dbb0a5bef5cc009b97b22bb8d0ef51d55ce6fa98cce466de2e9f2c2dd

 

「またすぐ飲みたい!」

 

bb-bottle-logo-small-b213e43dbb0a5bef5cc009b97b22bb8d0ef51d55ce6fa98cce466de2e9f2c2ddbb-bottle-logo-small-b213e43dbb0a5bef5cc009b97b22bb8d0ef51d55ce6fa98cce466de2e9f2c2dd

 

なんということでしょう。

 

ブルーボトルコーヒーの魔法にかかってしまいました。

bb-bottle-logo-small-b213e43dbb0a5bef5cc009b97b22bb8d0ef51d55ce6fa98cce466de2e9f2c2ddbb-bottle-logo-small-b213e43dbb0a5bef5cc009b97b22bb8d0ef51d55ce6fa98cce466de2e9f2c2ddbb-bottle-logo-small-b213e43dbb0a5bef5cc009b97b22bb8d0ef51d55ce6fa98cce466de2e9f2c2dd

 

コーヒーによくありがちなトゲトゲした感じはまったくありません。やわらかくて、独特の香り、風味があります。普通のコーヒーの味とちょっと違うのです。それに初め違和感を感じるのですが、慣れてくると、なんだかやみつきに。魔法にかかってしまったので、またすぐ買いに行くと思います。急に秋も深まりましたので、今度はドリップのブレンドを頼んでみようと思います。

コメント