私というビルの中に部屋がたくさんあって

すべての思考と感情が通り過ぎていく。掴んで、そのまま維持しておくことはできない。だけど、ぜひそうしようとムダな努力をしている。

ものは整理できるけれど、思考や感情は整理できない。

ただ、やってきて、去っていく。保管庫もないし、分類用の箱もない。

なのに、なぜかあると思ってる。

幸せの箱をいっぱいにしてたくさん集めて、不幸の箱を空っぽにしようという試み。

そんな箱はない。ないからできない。

そんなシステムはないのだけど、この謎の試みに夢中になって、中毒している。

私というビルの中に部屋がたくさんあって、その中にいろんなものを詰めてると思っている。

いかにしてどれほどいいものを詰め込めるかというのが人生だと思っている。

 

ビルはないし、そこはただの原っぱで、風が吹いている。