もの」カテゴリーアーカイブ

iPad proを買った。

Apple Pencilが使えるようになったiPadを買おうかどうしようかずっと悩んでいたのに、店頭で描いてみたら、私の味わい深いイラストを描くにはProじゃなきゃ絶対だめじゃん、ということがはっきりしてしまった。

で、潔くiPad Pro(2017)10.5インチを買った。

悩んでいた予算の倍額が必要になったというのに、かえって思い切りがついたのは、うっすら迷っていたAndroid系に、iPad Proの競合がいないからかもしれない。

今日は買った翌日だからまだよくわからないけれど、なかなかおもしろい。Mac OS とはまったく違う発想で作られていると感じる。とはいえ、アプリケーションのわけのわからなさは共通していて、それはなんか悪化しているような気がする。

iOSってわけがわからない。昔iPhoneがもっと小さくて硬くて丈夫で重くて、落としたらむしろ床のタイルを割った頃(誇張)、私も使っていたけれど、わけがわからなかった。Androidにしてほっとした。だいたいここにあるだろうと見当をつけたところに物事が収まっているのがAndroidで、その意味でAndroidのほうが説明なしで使える。その点、APPLEは人心に反していて、奇妙な場所に物事が隠されている。すごく不自然で、異様な感じがする。(だからこそその異様さに気づかないITに不慣れな人たちが、そういうものだと思って忍耐強く使っているイメージ)

iTunesとか本当バグの塊って感じだし、iCloudとか共有系のわけのわからなさはなんなのか。何がどうなってどうなっとんや……と、立ち止まってひとつひとつ考えないといけない。説明なしにモダンなからくり屋敷に住まわされる感じ。そして涼しい顔をして随所でお金をむしり取ろうとしてくる。気づかぬうちに会計するわりに、サブスクリプション系はめっちゃ奥地にたどり着かないと登録解除させてくれないとか、ちょっとどうかと思うくらいだ。おしゃれな請求書に人は、こうも簡単にねじ伏せられてしまうのか…。

だから長年Macを使いながら、Macのアプリとはなるべく距離を置いて過ごしてきた。でも、なぜか最近、その異様さを受け入れる余裕ができてきた。Spotifyのほうがまともなのに、なぜかバグだらけのiMusicを使い続けているのはその予兆だった。

そういうわけで秋に新作の噂もあるiPad Proを今、勇気を持って買ったので、ちょっとこの異様さと向き合ってみようと思う。

 

ちなみにカバーはシリコンの背面のみ。いらないかと思ったけど、傷防止と背面がさらっとしてるので持つときの安定のためにもあったほうがいいかな。これでも重量が増してしまうのが残念。Apple Pencilで描くのがメインの目的なので、保護シートもそれ用を購入。Apple Pencilは硬くてツルツルしているのでペンのカバーも。まだ一日だけどいまのところ全部いい買い物をした気がする。しかし人にものを買わせる力がすごい、Apple。

 

 

【コスパ最強】「HUAWEI MediaPad T2 8 Pro」を買って、はかどっていること【タブレット】

NETFLIX用タブレットがほしい!

NETFLIXに登録したのはたしか先月のことで、「はじまりのうた」と「ソーシャルネットワーク」を見てほっといた。気づけば2ヶ月目の更新がされたので、なんか見ようと思って、「最高の離婚」に気づいて見始めた。 ※リンクは別ブログへ飛びます

Macで動画を見るとはかどらない。画面を占領してしまって、他の作業ができない。ながら見ができない。タブレットを買うことにした。

iPad proがいいな、と思ったけどタブレットに11万出す勇気がなくて、コスパを重視した。すてきなペンもキーボードも諦め、HuaweiのMediaPad T2 8 Proを選択。

私はスマホもHuawei P9。半年以上使っている。問題ない。信頼できるメーカーだ。

http://changelog.biz/huawei-p9_report/

 

使用した感想

2万円ちょっとでこれだけ使えれば充分。悪くない。P9よりも操作のなめらかさは劣るが、気になるほどではない。今日のニュースでソフトウエアアップデートが始まった、とあった。P9との使い勝手の微妙な違いも改善されるだろうと期待している。

映画を見るには、8インチではちょっと小さいか。在宅用動画再生メインなら、10インチのものを検討してもいいかもしれない。在宅用と割り切るなら、もっと大きいサイズでもいい。

私は割り切りができず、持ち歩きたい気持ちもあって、スタンドにもなるカバーとガラスフィルムのほかに、キーボードも一緒に購入した。ちょっと外でブログ記事を書きたいときなどには持ち出そうと思う。340gずっしり感はあるが、今使っているのメイン機がMacbook Proでかなり重いので、それを持ち歩くよりはましだ。(でも結局仕事のときはMacbook Proをえんやこらと持ち歩いているのだけど…)

というわけで映画やドラマを見るのがはかどっている。ひさびさの感じだ。

こんな感じでながら見している。ちなみに横のmac book proは13インチ

 

dマガジンで雑誌を読む

もうひとつ、タブレットが来てひさびさに触れているのが雑誌だ。docomoのdマガジンに登録して、雑誌を読み始めた。月額400円でさまざまな種類の雑誌を読むことができる。ファッション誌とか、プレジデントなどのビジネス系の雑誌とか。

テレビでもガンガン宣伝していたし、docomo系のスマホを使ってる人はとっくに使っているかもしれない。でも、スマホの5インチくらいの画面では読む気にならないのではないか。私もスルーしていた。

8インチあれば雑誌はまあ見られる。それでも文字は少し小さい。そもそも雑誌がA4以上で作られているわけだから当然だ。これも10インチくらいあったほうが、読みやすいだろう。雑誌は普通の書籍よりも見開きの写真や図解で構成されることが多いので、横位置で見ても見やすいとなると、必然的にサイズも大きいものが欲しくなる。

縦位置でも結構細かい。

見開き構成のものを横位置で見るのはちょっと無理がある。

撮影写真

ちなみにHUAWEI MediaPad T2 8 Proで撮影した猫の写真。充分きれいだ。

まとめ

画面のサイズが変わると受け取る情報の種類も変わる。課金して定額サービスを受けようという気持ちになるもの、端末次第だとわかった。タブレットを生活に導入してまだ一週間、いろいろな変化を楽しんでいるところだが、ほぼ毎日何かしらに使っているので買ってよかった。

Huaweiのメディアパッド、低コストでタブレット生活を始められるので、おすすめです。

おまけ:追加で買ったもの

右上が、本体。あわせていろいろ一緒に購入した。

KuGiのカバー。

チョークのように白い。スタンドとしても使えるので便利。

ELTDのガラスフィルム

説明書に書かれたやり方が難解だったけど、無視して普通に貼った。きれいに貼れた。コツは、タブレットを袋から出したら即貼ること。

キーボード

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード。打鍵感はぺにゃっとしていまいち。2000円しないので仕方ないか? その分、軽さは魅力。

 

以上、コスパ最強のタブレット、Huawei 8インチ タブレット MediaPad T2 8.0 PRO の紹介でした。

今日のスタンプ


store.line.me

ユニクロのセミオーダースーツ(レディース)を買ってみた…そして無謀にもポール・スミスのスーツと比較

 ユニクロでレディーススーツをオーダーできる?!

最近オーダースーツが気になって、麻布テーラーをちら見したりしていた。麻布テーラーでは、レディースは一応やってるという感じで見本もほとんどない。メンズだとお店自体、たくさん選択肢があるんだけど、まあ仕方ない。

そんなある日、何気なくスマホで検索してみると、ユニクロにレディースのセミオーダースーツがあることに気づいた。安いし、いっちょ作ってみるか!と思い立ったのが3月半ばのある日。

最先端をゆく。

採寸してくれる店舗は限られている(2017年3月時点)。銀座のマロニエゲートに行くと、やたらきらきらOL的な女子たちで混みあっていると思ったらオープンしたばかりだった。王様のブランチとかで特集されていそうなにぎわい 。

そして、ユニクロのレディースのセミオーダースーツも始まって3日目とかだった。なんだ最先端じゃないか。

お店にいても、スマホで注文。

ネイビーのピンストライプを選んで、さくっとサイズを測ってもらうと、希望の丈は既製品と同じ。同じ素材、形のものが吊るしで売っている※ので、袖を2センチほど詰めるためだけに割増になることに。ちょっと迷ったけれど、袖がいつもやや長いので(腕が短い…)、直してもらうことにした。

でも、パンツのほうはちょっと素材が違うらしい。オーダー用として売っているパンツのほうがてろっとしてるみたいなことをお店の人が言っていた。)

買い方がちょっと面倒。スマホでユニクロのウェブ会員登録して、測ってもらったサイズを入力してオーダーまでを行う。支払いはその店舗ですることもできるし、カード決済も、代引きも可能だ。

つまり実店舗では、お客とサイズの紐付けが必要になる注文管理を一切しないってことだ。ウェブ会員として管理する。なるほどね。

(でもお店の人は買うときのスマホ操作を手伝ってくれました。)

早くて1週間後 → ぴったり1週間で届いた。

最短日数で届きました。

ジャケットはちゃんと不織布の袋に入ってます。パンツはビニールの中でした。

こんな感じ。

裏地。胸ポケットもある。(写真の色がグレーに写ってしまってるけどネイビーです)

 

襟。

袖口のボタンもきれい。

お直しした部分。きれいです。

お買い得ぶりはどうか? お会計明細と生地の構成

お会計金額は、以下のとおり。

ジャケット7990円
パンツ  3990円
お直し代 2280円
税金   1140円
ーーーーーーーーー
計    15400円

スーツを買った経験があまりないのでお買い得ぶりがいまひとつわからないのだけど、多分、このクオリティのスーツとしてはお買い得なんだと思う。

ただ、勢いで買ったので生地が何かを一切見ていなかった(笑)けど、全化繊です。

ジャケットの生地

◯表地
ポリエステル 69%
レーヨン29%
ポリウレタン2%

◯裏地
ポリエステル100%

パンツの生地

ポリエステル69%
レーヨン29%
ポリウレタン2%

天然素材派としては、「この化繊ぶりはどうなの」という気がしないでもない(なら買う前に見るべき笑)。でも、雑誌プレジデントのスーツ特集でも、マッキントッシュフィロソフィーの化繊ジャケット売れてる〜的な生地があった。ひとつのトレンドではあるのか。

 

ポール・スミスのスーツと無謀な比較

唯一持っている、3年前くらいに買ったPaul Smith Blackのスーツと比較してみた。金額差、5倍くらいなので無謀で無慈悲な比較である。

 

言わなくてもわかるけれど左がPaul Smithで、右がユニクロ。体大きくなってないのに、なぜかかなり大きめを買ってしまった(!)ことに気づいたけど、それを差し引いても全然違う!!(笑)

Paul Smithの生地は毛97%、ポリエステル3%。ちなみに、裏地がこんなにもかわいい。写真にないけど襟の裏も色付きでかわいい。

 

結論

こうして並べるといろいろと複雑な思いが湧いてくるユニクロセミオーダースーツ。しかし、これから夏に向かっていく東京砂漠を生き抜くにはいいんじゃないかと言い聞かせている。

仕事で一日着てみたが、着心地は決して悪くなく、ジャケットもパンツの形もきれい。(ただ、なんでちょっと大きめのジャケットにしたのか謎。むくんでいたのか…?)白シャツで着ると、政治家の周りにいるSPっぽくなる。

結論、新しいPaul Smithのスーツが欲しい。

ペンの研究:エナージェルユーロとハイテックポイントV7

スピ本以外のことも、ちょっと書く気になりました。モノの研究シリーズです。

 


ゼロ秒メモにVコーン?

最近、はまっているのが「ゼロ秒思考メモ」。よく売れているというビジネス本「ゼロ秒思考」がおすすめするメモの方法で、これは結構、いやかなりスピリチュアルで、いわゆるひとつのクレンジングメソッドです(笑)。

ハマった当初書いた記事。

ゼロ秒思考メモを始めた。

 

で、このメモをゼロ秒で書くのには(ホントは1分以内)ペンが大事。著者の赤羽雄二さんは本の中で、パイロットのVコーンをおすすめしています。たしかにロングセラーのVコーンはいいペンで、例えば受験勉強とかでCampusノートにゴリゴリゴリゴリゴリ書いたりとか、細かい字をみっしり書くのに向いている。

でも、ゼロ秒メモは細かい字をみっしりではなくて、ざっくりゆるくスピーディーに箇条書きで吐き出すようにして書いていくもの。

だから、Vコーンの出番ではない、と思うのです!

ハイテックポイントV7を使ってみた

そこで私は、田原総一朗がおすすめするハイテックポイントV7を使ってみました。田原総一朗が箱買いしているというペンなんて、なんだか信用できるじゃないか。彼の言うとおり、かすれたりしない。このペンでかなりの量の「ゼロ秒メモ」を書きました。コピー用紙の厚さでいうと4センチ分くらい。

でもなんか、物足りない。サラサラ書けて、まったく問題はない。ないんだけど、満足ではない。このデザインもいつもグレーのスーツを着ている田原総一朗にはすごく似合っているけれど、、私にはあんまりです。

そこで、オバマのツイッターで見てからずっと気になっていたuniのビジョンエリートに目を向けました。すごく知的で名前の通りエリートぽくて、ものすごくオバマっぽい。しかしお店で試してみるとやっぱり書き心地が堅い。(今、「ビジョン…なんだっけ…あ、〈ビジョンフリーゼ〉」と検索したら白いふわふわの犬が出てきた)



エナージェルユーロは変態ペン

試し書きで「これは!」となったのが、ぺんてるのエナージェルユーロ。1.0mmを買ってみると、ものすごくヌルヌルしている。ヌルヌルした中でボールの回転する感触が手に伝わってくる。気持ち悪くて気持ちいい。これはいい!!

さすがぺんてる。ぺんてるって名前からして平仮名で響きもテカテカしてて変態ぽい。

しかもデザインもちょっといい。ユーロというだけあって、若干ヨーロッパ的(?)。ダサいけどかわいさがあります。

エナージェルユーロは久々に巡り合った、書く快楽を味わえるペンです。次は0.7も試してみたいと思います。ヌルヌルペン最高。

今日のスタンプ:書く猫

こちらに入ってます。


store.line.me

【買った】Anker PowerLine USB-Cケーブル。猫に噛まれても大丈夫そう。

手持ちのUSB-Cケーブルを実家に置いてきてしまったので、買うことに。
せっかくなのでしっかりしたものにしてみた。

Anker PowerLine USB-C & USB 3.0ケーブル【防弾仕様の高耐久ケブラー繊維】。

防弾仕様!

赤!

グレーのケースがついてる。(写真では黒っぽく写ってるけど)

f:id:nemotonemo:20170313212029j:plain

続きを読む

究極に軽いリュック「ノースフェイス/フライウェイトリーコン」

家の中の物を処分し、徐々に空間が広がっています。洋服も選択肢がシンプルになってきました。これからは持ち物を軽くして、人生軽量化計画をますます推し進めていこうと思います。まず手をつけたのは鞄です。

フライウェイトリーコン(FLYWEIGHT RECON)黒、即買い。

昨日、オッシュマンズで見つけたザ・ノース・フェイスの超軽量リュック。フライウェイトリーコン(FLYWEIGHT RECON, 商品型番 NM81409, 6,264円(税込))

11684

薄い! 軽い! 存在がシャバい! けど、都会的でかっこいい!!
この軽さと薄さ、そしてお手頃価格に心奪われてしまいました。

 

今日まで愛用してきたのはMADENのDAN’S PACK。シンプルなつくりで、大きさも気に入り、これは同じ型の二つ目です。

比較画像

11683

リーコンと比べるとMADENは重くかさばって感じます。

 

フライウェイトリーコンの細部解説

中を開けてみるとこんな感じ。

11679

 

MacBook Pro 13.3インチを入れてみた感じ。余裕で入ります。ただ薄いつくりなので、背負い心地は微妙。

11678

 

雰囲気的にパッカブル(エコバックみたいにちっちゃくまとまる)ぽいなーと思いつつ、確認せず購入しましたがやっぱりそうでした。内ポケットをひっくりかえすと収納袋に。

11677

くるくるまとめて11675

コンパクトに。11676

背中はメッシュ。薄いけれどクッション性あり。
ひもも同じくクッション性のあるメッシュ素材。11687

(撮り忘れてこれだけ夜撮影)

 

THE NORTH FACEのロゴ部分(特に意味はない)11682

 

旅行時のサブバックとして開発されたロングセラー商品らしいです。重いバッグパックはホテルに置いて、これを持って出かけると。なるほど、かなり便利かも。私は旅行時はもちろん、普段からメインバックとしても使ってみようかなと思っています。ということはつまり、これまで以上に荷物を持たない方向へ進もう、という決意でもあります。

 

今日のスタンプ


store.line.me





【厳選】シンプルライフ実践中、だけど買ってよかったもの(随時更新)

シンプルライフを目指して、じわじわと物を減らしています。しかしそんな中でも必要なものはある。買ってよかったなと思えるものをご紹介します。

[adsense]

買ってよかった1 クリンスイのポット型浄水器

私の家は賃貸ですが、シーガルの浄水器がビルトインでついています。何年も使っていてカートリッジ交換もしてきたのですが、2つの理由で使うのをやめました。

  • 一万円超えのカートリッジを変えても、すぐに引っ越す可能性があること。
  • ホースや蛇口を何年もメンテナンスしてないこと。

カートリッジを変えても、蛇口が古くなっており、結局出口のところで青錆が混入しているような気がして気持ち悪くなってきました。その点、ポット型浄水器は水道の蛇口から出てから浄水しているわけで、安心です。以前はブリタのものを使っていたのですが、今回はサイズもスリムな国産品に。冷蔵庫にも入れられます。

これ、初めて飲んだ時、水がすっきり美味しく感じられて感動しました。気のせいではないレベルを超えて明らかに水が磨かれてる! 水道管とか蛇口とか気にしなくていいので楽です。

 

買ってよかった2 マキタのコードレス掃除機

シンプルライフを極めるうえでは微妙な存在である掃除機。私は必要です。実は数年前まで掃除機なし、ほうきとクイックルで暮らしていたのですが、あったほうがいいです。この掃除機は機能はシンプルで、吸引力だって至って普通ですが、必要十分で無駄がありません。さっとかけられて、使い勝手がいい。主張しないこのたたずまいもナイスです。

種類はいろいろありますが、あまり深く考えず安めのにしました。紙パックは必要ですが、まあいいかなと。

 

買ってよかった3 無印の白いシャツ

若い頃はド定番を着て、無難に生きるなんて恥ずかしくてできない!と思っていたのですが、何を恥ずかしがっていたのか今ではよくわかりません。それと、意外と「型にはまった消費活動をする」という人が少ないということもわかってきました。私としては服は消耗品と捉え、型にはまった消費を心がけていきたいです。

※無印の白シャツは以前記事にしています。

http://changelog.biz/shiroshirt/

 

買ってよかった4 シャボン玉石けん

石けん生活は始めると止められません。ひとつの石けんで身体と髪と顔を洗います。髪はそのあとお酢でリンス。シャンプー、リンス、コンディショナー、ボディーソープ、洗顔フォームとはなんだったのか、という気持ちになります。石けんひとつでOKだということはあまり知られていません。トップシークレットなのでしょうか。不思議ですね。シャボン玉石けんはきちんとしたものを使っているという安心感があります。お値段も手頃でありがたいです。

 

買ってよかった5 アークテリクス・スコーミッシュフーディー

マカフィーなら利用台数無制限!PCもスマホもタブレットも! 強さと軽さで選ぶならカスペルスキー!性能比較テストで5年連続No.1 セキュリティソフト販売本数8年連続売上No.1のウイルスバスター 世界売上シェアNo.1の「ノートンセキュリティ」でウィルス対策!

アークテリクスの定番。パッカブルソフトシェル、スコーミッシュフーディーです。着心地の良い素材と、軽さが魅力です。色違いを買うか迷っています。レディースのサイズ展開もありますが、私はメンズのXSを使用中。

※こちらも以前記事にしています。

http://changelog.biz/squamish-hoody/

 

2万超えでもコスパよし! 買ってよかったウィンドブレーカー, アークテリクス スコーミッシュフーディー

どんな季節でも、これ一枚で快適。

アークテリクスのスコーミッシュフーディは知っている人は知っている定番の人気商品です。さっと羽織れる「シャカシャカ」素材のアウターを探していた私は、昨年美容室の雑誌で見つけて、銀座の旗艦店を訪れて買いました。もちろん今年も販売されています。いわゆるウインドブレーカー、ソフトシェルというジャンルの商品です。

 

9595

今だったら黒を買いますが当時はエネルギーを欲していて赤(色名はmagma!)をチョイス。

軽くて持ち運びやすく、ちょっとした温度変化に対応するのには最適な一枚です。年間を通して、鞄に放り込んでおくと安心。夏でも電車の中は冷房がきついことがありますし、冬はアウターの下、セーターの上にこれを挟むと温かいです。小雨程度なら雨具代わりにもなります。

ポケットは胸元に小さくひとつだけ。これで充分です。

胸ポケットを裏返せば、エコバックみたいに小さく。

 

買ってよかったと思える理由

細部のあしらい

価格は二万円強。似たようなものをもっと安く、10分の1の値段で買うこともできます。それでも、これを買ってよかったと思うのは、首元やフードなど細部のあしらいが丁寧に、よく考えられて作られていること。

化学繊維、なのに快適。

そして一番気に入っているのはこの素材感です。スコーミッシュフーディーはナイロン100%ですが、触れた感じは自然素材のように柔らかくサラサラです。さすがに素肌に着ることはありませんが、Tシャツの上にこれを羽織っても快適です。旅行先でホテルの部屋が少し寒くこれを着て寝たところ、違和感のなさにびっくりしました。柔らかく、通気性がよく、アウトドア用のアウターを着ている感じがありません。

 

母も私が着ているのを見て気に入ったようで、今年購入。母に付き添った際、黒がかなり気になって私もしつこく試着しました。そのお店にはXSがなかったので購入には至りませんでしたが……うーん、迷っています。二色目を買うのも何なので、服の色を絞り、例外的にこれだけをキーカラーとして残すのもいいかもしれませんね。

母はAdriatic Blueをチョイス

 

今日のスタンプ



store.line.me