エックハルト・トールのDVD、どれがいいか

この1ヶ月、毎日のように、エックハルト・トールのDVDを見ていました。

ニュー・アースシリーズの講演DVDは3本あるので、どれがいいかなと思い、Amazonの口コミを見て迷って買いましたが、結局3本とも買いました(一度にではなくて一本ずつ)。今も1本を繰り返して見て、飽きてきたら違うのに替えて見る、ということの繰り返しです。

「どれがいいか」というタイトルにしてみましたが、結論から言うと、どれでもいいです(笑)

一本だけ見るのもいいし、全部見てもいい。順序もどうでもいいと思います。あ、ただ、たしかにDVD発売元が意図した順序は「易→難」となっている気がします。なので素直な人は、「青→緑→黄色」の順に見るといいでしょう。私はまったく反対から見ました(笑)。

どれが特別いいということはなくて、ペンキを塗り重ねるみたいな感じで同じことについて話しています。だから飽きて変えたところでメッセージは同じです。でも、3本が3本とも、おもしろいです。

一応、

青が「幻想としての時間」
エックハルト・トール/イリュージョン 幻想としての時間 (ニュー・アース・シリーズ) [DVD]

緑が「今、ここに目覚める」
エックハルト・トール/アウェイクニング 今、ここに目覚める(ニュー・アース・シリーズ) [DVD]

黄色が「人生の目的」
エックハルト・トール/エンライトメント 人生の目的(ニュー・アース・シリーズ) [DVD]

となっていて、確かにそこが重点的に語られていたななーと思います。で、「易しい→難しい」というのは、「時間は幻想だよ」→「つまり今しかないんだよ」→「そんで今していることが人生の目的だよ」という話の流れからしても、スムーズです。うん、やっぱり順序よく見たほうがいい(笑)でもエックハルトもDVDのなかで、「講演のタイトルは5分前に聞く、話すことは同じだから」と言ってました。

エックハルトの動画はありがたいことに、翻訳された5〜10分程度のものがyoutubeでたくさん見られます。私もかなり長い間、VastStillnessにアップされる動画を見てきました。でも今回、90分のDVDを買って見て本当によかったな〜と思います。5分の動画とは全然違います。5分の動画では実はもやもやが残っていたことに気づきます。わかったような顔をしていたんだな…ということに気づきます。ちなみにこのDVDもVastStillness平山由紀子さんが翻訳してくださっています。感謝。

内容は本で書かれていることとも同じです。まったく同じといってもいいくらい。でもやっぱり全然違います。たとえるなら、スタジオ録音された音楽CDとライブDVDの違いみたいなものです。情報の質と量が違うから、楽しさが違うというか。そうすると理解できることが違います。

そうなるとライブそのものである講演に行くとまた違うんだろうな〜と思いつつ、英語がわからないので行かずに済む…とかいう思考が湧いてきます(笑)。

スピ本をこれだけ買っててもスピDVDを買うという経験はありませんでした。ただそれだけのことでなんとなく見ずに来ましたが、エックハルトの本が好きな人にはすごくおすすめです。

内容についてはまた気が向いたら。