ユーフィーリングのことなど

この半年くらい、何冊かの非二元本をぐるぐると回転するように再読しているので、どれがどうというのではなくて、全体的にまったりじわじわ感じ入っているけれど、メソッド的なもので、「これは」というのがDr.キンズローの「ユーフィーリング」だ。

何年か前にものすごく落ち込んでいるときにすがるような思いで読んだ時には(笑)、全然わからなかった。というか、「これがそうなの? ほんとに? これがユーフィーリング?! どうなの?」という感じだったので、ユーフィーリングもクソもなかった。

こういうものは遊び半分というか、関連のウェブサイトとか紹介記事を読んで「なんかいいな〜、いい感じがするな〜」と思ったら、ちょっと読んでみる、やってみる、くらいがいいのかもしれない。

そういえば今思い出したけど再読のきっかけが他の本にあったような気がする。『なにが起こっても、「絶対幸せ」でいる法』かもしれない。この本もかなり好きだ。そのなかで、これってユーフィーリングじゃね? と思い出して、読み返したような気がする。全然違うかもしれない。

非二元本数珠つなぎみたいな現象があって、これってあれみたいだなと連想してそれを再読する場合もあれば、無関係に前に読めなかった本が突如本棚で輝き出す場合もある。本棚の本がなんか目に留まるというのは大事で、そういうのは手にとって読み返すようにしている。それでピンとこない、相変わらず読めない場合もある(普通)。

ユーフィーリングというのは詳しくは本を読めばわかるけれど、「本来的に備わっている心地よさ」みたいなもので、それによく触れて気づいていると、だんだん生きるのが楽になってくる。気楽になる。気楽になってそれからどうなるの、って思うかもしれないけど、気楽であることは本当に、思う以上にいいものだ。

たしかに最初のうちは「ユーフィーリングを感じる→ああ気持ちいい→日常に戻る→しんどい→ユーフィーリング(きもちいい)→日常(しんどい)→」って感じかもしれないけれど、続けていると日常にもきもちよさが浸透してきて、バスや電車で、驚くほどリラックスしてる自分に気づいたりする。

「安らぎは当たり前なんだ、邪魔しなければそこにあるんだ」というのは、そうと知るまでは「まさか」という事柄だし、知ってしまえば当たり前のことだ。(だからといって、24時間安らいでいるわけではなくて、よく邪魔している。)

日本語の本は4冊出ていて、なぜか全部持っているが、『瞬間ヒーリングの秘密』以外ならどれでもいいんじゃないかと思う(『瞬間…』はヒーリングの施術法中心だから)。いきなり『ユースティルネス』に行ってもちゃんとユーフィーリングのことも書いてある。どうせ、はまれば全部読みたくなるし、はまらなければ一冊で終わりだから心配することはない。

QEコミュニティ