[本]ほりえもんが伝え続けるシンプルな教え『本音で生きる』

最近のほりえもんはふっきれているというか、とても魅力的に感じます。彼が変わったのではなくて、世の中や私自身が変わったということかもしれません。いくつか彼の本を読みましたが、まず彼のエッセンスがギュッと詰まった『本音で生きる』を紹介します。

「本音で生きる」とは何をし、何をしないことなのか?

「本音で生きるとは何をし、何をしないことなのか?」という問いを持ってこの本を読みました。この本は時短で読めるように各章の最後にキーワードがありますが、私なりに3つのメッセージに要約すると、下記になります。

  • プライドを捨てて、バカになり、ノリよく動け。→言い訳せず即行動。
  • 無駄をなくし、苦手なことはせず、時間を最大限有効に使え。→人生を最適化。
  • 情報のインプット、アウトプットを大量に行って自分の頭で思考しろ。→量から質へ。

もっとまとめて一言にすると、「やる」。「やる」とは徹底して能動であり、決して受け身にならないこと。「一秒も後悔しない強い生き方」という副題に嘘はありません。徹底した自己決定の方法論です。

 

印象に残ったキーワード

  • できない言い訳をせずやるんだよ。
  • トライアンドエラー。自分も泥臭くやってる。
  • 自信は経験すればついてくる。
  • バランスなんて取ってる場合じゃない。極端になるからできる。
  • 人生はゼロイチではない。グラデーションも認める。(現実主義)
  • プライドを持った小利口より、バカな行動派が成功する。考えてないで動け。
  • ノリのよさが大切。関係が広がる、世界が広がる。
  • やりたいことを全部やるために、人生をPDCAサイクルにかけろ。常に最適化。
  • コアバリュー(得意)はやりたいことをやることで見えてくる。
  • アイデアの善し悪しより実行力。アイデアは組み合わせ。
  • 情報は浴びるようにインプットする。人工知能の発展のように回路を作る。
  • 大量にインプットし、アウトプットし、考えることを繰り返す。しきい値を超える。
  • 量から質へ。その逆はない。
  • 新しい出会いの場へは必ず行くと決めている。
  • やりたいことはかたっぱしからやる。今やる。極限まで忙しくすることが最適化のコツ。
  • Give, Give, Give. 惜しみなく与える。
  • うまくいっているものをどんどん真似する。改善する。
  • 世の中には「やる奴」と「やらない奴」しかいない。

やるか、やらないか。とにかくやる。

序章のまとめを引くと、本音で生きるには、

  1. 言い訳しないこと
  2. バランスを取ろうとしないこと。
  3. 「自意識」と「プライド」を捨てること

とあります。言い訳せず、やる。バランスを取らず、とことんやる。人にどう思われようと、とにかくやる。ということを学んだ本でした。やるよ!

コメント