【コスパ最強】「HUAWEI MediaPad T2 8 Pro」を買って、はかどっていること【タブレット】

NETFLIX用タブレットがほしい!

NETFLIXに登録したのはたしか先月のことで、「はじまりのうた」と「ソーシャルネットワーク」を見てほっといた。気づけば2ヶ月目の更新がされたので、なんか見ようと思って、「最高の離婚」に気づいて見始めた。 ※リンクは別ブログへ飛びます

Macで動画を見るとはかどらない。画面を占領してしまって、他の作業ができない。ながら見ができない。タブレットを買うことにした。

iPad proがいいな、と思ったけどタブレットに11万出す勇気がなくて、コスパを重視した。すてきなペンもキーボードも諦め、HuaweiのMediaPad T2 8 Proを選択。

私はスマホもHuawei P9。半年以上使っている。問題ない。信頼できるメーカーだ。

【使って4ヶ月】Huawei P9の使用感レポート
HuaweiP9を使用して4ヶ月弱が経ちましたので、改めて使用感をレポートしたいと思います。 ちなみに前回の記事はこちら Huawei P9を二ヶ月使った感想。ライカカメラは最高!だけど… スマホとしての使用感 なんの不満もあり...

 

使用した感想

2万円ちょっとでこれだけ使えれば充分。悪くない。P9よりも操作のなめらかさは劣るが、気になるほどではない。今日のニュースでソフトウエアアップデートが始まった、とあった。P9との使い勝手の微妙な違いも改善されるだろうと期待している。

映画を見るには、8インチではちょっと小さいか。在宅用動画再生メインなら、10インチのものを検討してもいいかもしれない。在宅用と割り切るなら、もっと大きいサイズでもいい。

私は割り切りができず、持ち歩きたい気持ちもあって、スタンドにもなるカバーとガラスフィルムのほかに、キーボードも一緒に購入した。ちょっと外でブログ記事を書きたいときなどには持ち出そうと思う。340gずっしり感はあるが、今使っているのメイン機がMacbook Proでかなり重いので、それを持ち歩くよりはましだ。(でも結局仕事のときはMacbook Proをえんやこらと持ち歩いているのだけど…)

というわけで映画やドラマを見るのがはかどっている。ひさびさの感じだ。

こんな感じでながら見している。ちなみに横のmac book proは13インチ

 

dマガジンで雑誌を読む

もうひとつ、タブレットが来てひさびさに触れているのが雑誌だ。docomoのdマガジンに登録して、雑誌を読み始めた。月額400円でさまざまな種類の雑誌を読むことができる。ファッション誌とか、プレジデントなどのビジネス系の雑誌とか。

テレビでもガンガン宣伝していたし、docomo系のスマホを使ってる人はとっくに使っているかもしれない。でも、スマホの5インチくらいの画面では読む気にならないのではないか。私もスルーしていた。

8インチあれば雑誌はまあ見られる。それでも文字は少し小さい。そもそも雑誌がA4以上で作られているわけだから当然だ。これも10インチくらいあったほうが、読みやすいだろう。雑誌は普通の書籍よりも見開きの写真や図解で構成されることが多いので、横位置で見ても見やすいとなると、必然的にサイズも大きいものが欲しくなる。

縦位置でも結構細かい。

見開き構成のものを横位置で見るのはちょっと無理がある。

撮影写真

ちなみにHUAWEI MediaPad T2 8 Proで撮影した猫の写真。充分きれいだ。

まとめ

画面のサイズが変わると受け取る情報の種類も変わる。課金して定額サービスを受けようという気持ちになるもの、端末次第だとわかった。タブレットを生活に導入してまだ一週間、いろいろな変化を楽しんでいるところだが、ほぼ毎日何かしらに使っているので買ってよかった。

Huaweiのメディアパッド、低コストでタブレット生活を始められるので、おすすめです。

おまけ:追加で買ったもの

右上が、本体。あわせていろいろ一緒に購入した。

KuGiのカバー。

チョークのように白い。スタンドとしても使えるので便利。

ELTDのガラスフィルム

説明書に書かれたやり方が難解だったけど、無視して普通に貼った。きれいに貼れた。コツは、タブレットを袋から出したら即貼ること。

キーボード

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード。打鍵感はぺにゃっとしていまいち。2000円しないので仕方ないか? その分、軽さは魅力。

 

以上、コスパ最強のタブレット、Huawei 8インチ タブレット MediaPad T2 8.0 PRO の紹介でした。

今日のスタンプ


store.line.me