努力すれば夢は叶う。けれど、努力するためには魔法が必要だ。/『人生の扉を開く最強のマジック』

劣悪な環境で育った少年が中学二年の夏休みに、ある女性から「マジック」を教わり、スタンフォード大学の脳外科医となるまでの話。

定番の「マジック」

この本で紹介されているマジックはスピ本を読みついできた人には特に目新しいものはないだろう。

・習慣的な瞑想によって、思考と感情が自分ではないことを知り、心を手なづけること。

・願いはすでに叶ったと思い、その喜びを深く浸ること。

基本的にはこの2つを地道に続けることだ(もうひとつ重要なものがあるが、あえて割愛する)。

スタンフォード大学医学部臨床神経外科教授

新鮮なのは、彼が実在する脳外科医である点だ。彼はスピリチュアルの「マジック」を使って、グルになったわけでも、自己啓発セミナーの講師になったわけでもない。なんだかよくわからないビジネスでお金持ちになったわけでもない。泣く子も黙る「スタンフォード大学医学部臨床神経外科教授」になったのだ。彼は夢を叶えた。願いどおり、「みんなが一目置く」人物になった。

それだけではない。彼は億万長者にすらなった。豪邸、ポルシェ、美女といった中学二年の夏にほしいと願ったものはすべて、いやそれをはるかに上回るものを手に入れた。そして、ある日すべてを失った(このあたりはの記述は『「ザ・マネーゲーム」から脱出する方法』を思い出させる)。

すべてを失い、ほしいと思ったものを手にいれた自分が決して幸福ではなかったことに気づいた彼は、いわゆる「善人」になる。思いやりに目覚め、ダライ・ラマと面会し、共感の力を医療の世界に広げる取り組みを行う(本の最終部であるこのへんは正直退屈だ)。

脳外科医が実名でスピリチュアルの力を自伝的に書いたところがおもしろい。とはいえ彼は、あとからわかったこととして神経可塑性やら交感神経がどうのといった医学的な根拠を書いていくことを忘れないのだが(このあたりは『あなたという習慣を断つ』を思い出させる)。

 

必死の努力で願いは叶う

「マジック」には力がある。そのことは信じていい。本書を読めば明らかだ。しかし、おもしろいのは「マジック」の力の現れ方だ。

願いは、身も蓋もない言い方をすれば、当人の必死の努力によって現実化していく。

瞑想だけしていても、脳外科医にはなれない。大学に入り、メディカルスクールの面接を受け、ハードな研修をこなさなければならない。ベッドの上で医者になった喜びに浸っているだけでは人間の頭を切ることはできない。 すべてが難関だ。実際、彼は懸命に努力した。

なんだ、と思うだろうか。

しかし、人はその努力ができない。まず、必死の努力の前にあるささやかなチャンスを見逃す。もし運良くそれを見つけたとしても、ちょっと壁にぶつかるとがっくりうなだれて踵を返してしまう。ドアをノックすること、ノックし続けること。それには必ず扉が開くという確信が必要だ。

彼は「マジック」、つまり瞑想と潜在意識の力によって、脳波に乱れが少ない、つまりストレスに強く感情に支配されない、極めて思い込みの強い男になった。

別の言い方をすれば、彼は、望むものを手に入れることを自分に許可し、許可しつづけ、自己確信を養った。だからこそ、誰よりも努力できたのだ。

それだけのこと

それだけのことか、という気分になる。

しかし、人は「それだけのこと」にいつも足元をすくわれるのだ。

そしてそれは、ときどき得体の知れないポジティブシンキングのように見える「引き寄せの法則」とか「潜在意識の力」の単純明快さを示しているようで、からっとした気持ちにしてくれる。

読み物としてとてもおもしろい。私はここで導入部分を読んで引き込まれ、すぐに購入した。

https://cakes.mu/posts/14493

※ちなみに彼がルースという女性から教わった時に見逃し、だからこそすべてを手に入れて失うというゲームに興じることとなった「マジック」を、私もあえて見逃している。だってこの本に書かれた刺激的なゲームはとても魅力的だから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。