この本は、お金についてのバイブルだと思う。/ 心屋仁之助『一生お金に困らない生き方』

心屋仁之助氏の『一生お金に困らない生き方』を再読した。

出会いと私の経験

心屋仁之助の本を読んだのは、これが初めてだ。しかも、コンビニで買った。

いつもは立ち寄らないコンビニの雑誌コーナーで、ずばりタイトルが目に飛び込んできた。

「これを買うのかー」と、自分の直感に戸惑いながら、しかし直感に従って買った。もっとも心屋さんのブログはそのときすでに読んではいた。

それがだいたい一年半前の夏で、それから収入は多少なりとも増えたが、数字以上に、根本的なところにある不安が薄くなったのが大きい。あまり意識していなかったが、お金を使うことに対する恐怖は以前に比べると格段に減ったと思う。

最重要ポイント

お金の問題の最重要ポイントは、「存在給」だ。存在給とは、ただ存在するだけで、自分が受け取っていいと自分に許可している金額のこと。自分で許可する、ということからわかるように、存在給は自分で決めるものだ。

「存在給」に至る議論をざっくりまとめると、次のようになる。

  • お金によって得たいと思っているのは、安心感や自由という豊かさだ。
  • それは、お金によっては得られない。(例:いくら稼いでも不安なお金持ち)
  • 安心や自由は自分で自分に許可すること、いわば自信によって得られるものだ。

つまり、ここで話は逆になる。

「安心や自由を手に入れるために、お金を手に入れよう。」

から

「お金(=豊かさ)を手に入れるために、安心と自由を自分に許可しよう。」

へと。

この、自分に許可する度合いがそのまま、存在給へとつながる。どれくらい安心していていいか、自由でいていいかを人は無意識に自分に対し、制限している。そしてその価値が低いから、=不安だから、お金を得ようとがんばっている。

つまり、「がんばらない自分の価値」=存在給なのだ。

とてもわかりやすく、かわいいイラストを引用させていただく。

th_IMG_20170131_204248

もしちょっとでもひっかかるなら、がんばらない自分の価値を自分でどの程度に見積もっているか、そしてそれを上げてみるとしたら? なんてことを考えてみてほしい。おもしろいことが起きるかもしれない。

心屋本の中でも、特におすすめ

今回再読して、やはりこの本は素晴らしいなと思った。心屋さんは本をたくさん出している。だいたい初期の頃のほうが、文章量が多く、伝えようという意欲にあふれている(笑)。でも、濃ければいいかというと、そうとも限らない。私が一番好きなのは、この『一生お金に困らない生き方』だ。ゆるさとまじめさがちょうどいい。出汁のうまさがちょうどよく感じられる。このシリーズは、イラストもすごくかわいいのだ。

こちらもおすすめです。

以前すごくざっくりと心屋本を紹介した記事

changelog.biz

 

今日のスタンプ:全身でよろこびを表現する猫たち

th_38

こちらに入ってます。

 

 

コメント