17冊読んだ心屋仁之助さんの本で、だいたいの悩みを解決する荒業

心屋仁之助さんの本は非常に実用的です。いろいろ読んでいれば、そのうち悩みは解決します。これまで読んだ17冊の心屋仁之助の本からおすすめを紹介します。

だいたい悩みは次の5個くらいに分類されます。

  1. お金がない
  2. 仕事がつらい
  3. 夢が叶わない
  4. 恋愛がうまくいかない
  5. 人間関係がつらい

※追記 病気の悩みっていうのがありますね。3で対応しましょうかね。

5つのうちどれか、というよりは複合的に悩んでいることが多いと思います。でも原因はたくさんはありません。同じことを手を変え品を変え、工夫して繰り返し説いているのが心屋さんです。

以下まとめ。

お金がなくて辛いときに読む心屋
『一生お金に困らない生き方』

  • お金=豊かさはある。「ある」に気づく。そして意味あることにもないことにも使う。
  • がんばらない=存在給を上げる(なんもしない自分の価値)というシンプルな概念。がんばるのやめれば存在給は上がります。
  • 「神社ミッション」見返りが期待できないさびれた神社のお賽銭箱に1万円入れること。お金観が変わるので超おすすめです。

※神社ミッション

仕事がつらいときに読む心屋
『がんばっても報われない本当の理由』

    • ひたすらがんばらないことの力。がんばらないための方法論。
    • 「自分はすごい」と思えばいい。そうすれば、がんばってすごくなろうとしなくなる。根拠はいらない。自分はすごい。そういうことにする。
    • 自分を認めよう。自分を認められないあなたは真面目すぎる。

夢が叶わないときに読む心屋
『望んでいるものが手に入らない本当の理由』
『「好きなこと」だけして生きていく』

  • 損すること、失うことを受け入れたとき、望むものは手に入る。『望んでいるものが…』はこれを理論的に詳しく書いている。窓を開ければ、風も入ってくるし、虫も入ってくる。それでも、わずかな虫の不快感より、風の気持ちよさのほうがずっと大きい。
  • 同じことを、『好きなこと…』では「豊かさを受け取るとウンコもついてくる」と書く。そして「ウンコは肥やしになる」。
  • 夢を叶えたいのにずっと叶わず苦しい人は、必死で拒んでいるウンコがある。それを受け入れましょう。


恋愛がうまくいかないときに読む心屋
『愛されて幸せになりたいあなたへ』
『ゲスな女が愛される』

  • 親に愛されてないと思い、愛されるためにがんばらないといけないと思うこと。これが恋愛に関する悩みの中身。
  • 「親に愛されなかった自分がそう簡単に愛されてたまるか!」と、自分で愛の流入を防いでいる。もうやめましょう。
  • 「親から愛されていなかった」というのは勘違いである場合が多い。
  • 親の目を気にしながら生きるのをやめる。がんばって愛されようとするのをやめる。
  • 「がんばらない」、「どうせ私は愛されている」、ゲスな女になる。
  • 『愛されて…』のほうが真面目で親身、『ゲスな女…』のほうがチャラくて明るい。


人間関係がつらいときに読む心屋
『すりへらない心をつくるシンプルな習慣』

  • 誰かにイライラするのは自分の価値観と違うから。それだけ。
  • 誰かを褒めるのは自分の価値観に合うから。それだけ。
  • 他人を許せないとき「そうなんだ」と認める。「そうだよね、事情はわかるよ」という感じ。自分の価値観で裁かない。
  • 自分を許せないときも同じ。「そうなんだ。どうしても許せなかったんだな」。裁かない、つまり開き直る。

番外編:リトマス試験紙になる心屋さんの歌

    • 心屋さんは歌を歌ってライブをし、CDも出している。
    • youtubeでその一部聴くことができる。
    • 心が固くなっていて心屋の溶解剤が必要な人は、この人の歌をyoutubeで聴くだけで反応する。歌のカウンセリング。

心屋の歌。泣ける時はめちゃくちゃ泣ける。


まとめ

心屋さんの方法論は、ありえないこと、今までの自分が否定してきたもの、盲点、逆、そういうものに気づかせてくれます。変わりたいなら、「ありえないこと」をやるしかないのです。

同じ場所にとどまり、何も変えないままで、違う場所にいたい、変わりたいというのが悩みの本質です。

「心屋本なんてバカみたい、買うのが恥ずかしいくらいスカスカ、同じことしか書いてないじゃん」

そうディスってる人こそ、勇気を持ってそのバカみたいな本を買ってみましょう。それが変化の第一歩です。

Beトレも素晴らしいです。いつも歌ってる心屋さん。

  • 地獄は「ない」世界。ないから不安、恐れ、見張る、評価が気になり、比べ、責める。
  • 天国は「ある」世界。あるから与える、みはらない、縛らない。安心だからいつも笑える。
  • 「自分が素晴らしい人間だと思いたくて思いたくて仕方なかった……思いたくて思いたくて仕方がなかった……思えよ。」
  • 天国から地獄を見ると笑える。コント。それが「大丈夫」ということ。

(↑予告編だけでこんなに学べる。)

17冊読んだ心屋仁之助さんの本で、だいたいの悩みを解決する荒業」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: この本は、お金についてのバイブルだと思う。/ 心屋仁之助『一生お金に困らない生き方』 – changelog.biz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です