[本]「くらべてわかる 野鳥」は鳥好きの子供におすすめ

  • 『くらべてわかる 野鳥』(山と渓谷社)を、鳥好きでお絵かき好きの甥っ子(小3)へのプレゼントとして購入。
  • ぱっと開いた時の印象がとてもいい。豊富な情報がわくわくさせる構成で整理されている。
  • 自分で読む本ではないので、本屋で開いたときの直感を信じて買った。大正解。

◯良かった点

  • 見分け方を、大きなくくりから絞っていく形で教えてくれる。
    鳥をどこで見分けるか、コツとポイントがわかる。
  • 興味が無い自分にもおもしろそうだなと思わせる企画・構成。
    尾の形や飛び方の違いに初めて気付かされた。
  • 鳥の姿はイラストではなく写真中心。
    甥っ子は鳥の絵を描くので写真の方がいい。
  • 鳥の体のパーツが詳しく載っているので、絵を描くのが好きな子供に最適。
    くちばしや羽根、目のかたちなど。
  • 詳しい。けれど、わかりやすく、美しい。
    美しい、気持ちの良いレイアウトが特徴的。

 

甥っ子はさっそく、庭に来た鳥を見て「モズだー!」と叫び、アカモズとの違いを説明してくれた。

タイミングよく庭にやってきたモズ

スクリーンショット-2016-02-06-22.28.24-768x680

 

鳥の絵を描く子供に最適

S__5537898-768x1024

子供向け図鑑よりも、大人向けの方が種類中身ともに充実していて、コスパがよい。
調べたところ、カラーで充実している図鑑でも2,000円以下のものがある。

たとえば、こちらは本屋で迷って買わなかった本。写真も豊富で鳴き声CDもついてい2,000円以下。

鳥の声にも興味を持っているようなので、次に目をつけているのが下記。

この「知っておきたい」というひかえめな自己主張がなんともいえずよいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。