苫米地さんのエフィカシー動画まとめ

最近、第二次か第三次苫米地ブームが私に来ていて、本を何冊も読んだりしている。今日は YouTubeで見た動画について簡単にまとめてみたい。

見たビデオはこちら。

コーチングとは

コーチングとは何かというと、エフィカシーをあげること。

では、エフィカシーとは何かというと、ゴールを達成する自己能力の自己評価のこと。

ここで重要なのがゴール。ゴールは将来こうなっていて欲しいというもの。ただしポイントが2つある。

 

ゴール設定のポイント

1つ目、現状の連続では達成できないものでなくてはいけない。現状の延長線上にあるものはダメ。それは理想的な現状に過ぎない。

2つ目、止められても絶対達成したいことであること。心から達成したいゴールでなくてはだめ。

現状の外、心から望む、ということがゴールのポイント。ただ、だからこそ達成が難しくなる。

そのゴールが難しくないというふうにするのがコーチング。つまりエフィカシー=自己評価を高めること。自分は達成できる、出来るやれると思えること。

 

自己評価(エフィカシー)が高いと

自己評価が高いとゴールを達成していない現状がおかしいと感じられるようになる。ゴールを達成している状態がコンフォートゾーンなので 、無意識が勝手にコンフォートゾーンに戻ろう、行こうとして何とかし始める。そしてそれはとてもクリエイティブに働く。無意識の働きは過去の最適解ではなく、新しい解決策。クリエイティビティに満ちている。

 

過去はどうでもいい

エフィカシーに関して、実績は関係ない。実績はなくてよい。自分はできる、その根拠はいらない。できるやつだという自己評価さえあればいい。高いエフィカシーを維持し続ければ自然とゴールは達成される。無意識はクリエイティブなやり方を見つける天才。つまり皆が大天才。

ではどうやってエフィカシーを上げるか。ひとつは下げさせないこと。もうひとつはアファメーション。

 

エフィカシーを下げさせない

エフィカシーを下げる要素を排除することは大事。エフィカシーを上げるとは、結局のところコンフォートゾーン同士の戦い。高いレベルVS低いレベルのコンフォートゾーンが引っ張り合う。なので下げるようなものを排除しなくてはいけない。

エフィカシーを下げる最たるものは親や先生や友人。ドリームキラー。悪意がないので厄介。コーチングにおける最大の敵。「そんなことやめたほうがいいんじゃない」、「無理だよ」、とという人 。

解決策は簡単。ゴールは人に言うな。(コーチングのプロ以外)誰にも言うな。 コンフォートゾーンについても語らないこと。

また、ゴールについて人に言ってしまうと want to がhave toになってしまう。ゴールはコロコロ変わっていい。自分自身にもhave toにしないこと。今日と明日でゴールが変わってもいい!

 

過去はどうでもいい2

多くの人は過去で人を見ることに慣れすぎている。過去はどうでもいい。未来を現状に押し込めるだけになること。コーチングは未来しか興味がない。

 

臨場感

人は臨場感の高い世界に行こうとする。引っ張られる。人は臨場感に重要性を感じる。それは物理空間つまり情報空間とは別ものである。私たちは見たいもの、重要性を感じるものしか見ない。スコトーマ(盲点)があって世界そのものは見えない。臨場感空間は恒常性を築いている=その空間を無意識は保とうとする。つまり目の前の世界は記憶で成り立っている。

エフィカシーの高い状態の臨場感を上げる必要がある。その方法のひとつがアファメーション。言葉で臨場感を上げる。

※臨場感を高める方法がアファメーションであるというのは、世界の見え方を自分で決め直すということ。自分にとって何が重要かを刷り込む。そうするとそれを見るようになる。そういう世界を見始めると、それを維持しようとする(恒常性=ホメオスタシス)。

 

感想など

人が見ている世界はバラバラ。自分が見ている世界はただそれだけの世界。過去の記憶によって成り立っているだけ。客観性はない。自分が過去に結んだ合意の数々、これが重要だとかこれがいけないとかそういう数々の合意。これらによって世界は自分にとって今現にあるようにある、というかそう見えている(これはこないだ読んだ『四つの約束』の合意を思わせた)。だから、未来を変えたかったら、過去の連続の上に築こうとしてはいけない。現状の外側に、本当に望むゴールを置かないといけない。そうでないと、ただ同じことが繰り返されて、現状が続くだけ。突拍子もないゴールを置き、その空間の臨場感を高めていくこと。自分にはできると思い、自分にとって重要なことが何かを叩き込んで臨場感を上げることができれば、自然とゴールが達成される。

 

苫米地さんの本はいっぱいありすぎて内容も重複するんだけど、中毒性があるので次々に読むことになる。そしてどれが何についての本だったかわからなくなる。そんななか、この本はざっくりと今日のまとめが書かれていると思う。文字でも読みたい人に。