米倉涼子、偉大なる沢口靖子の後継者として…

いまさらだけど「いたしません」が決め台詞の大門未知子がうけたのは、民衆はすでに何かを獲得するよりもむしろ「断る力」(©勝間)こそがいまの自分たちに必要なものだと気づいているからだろう。「私失敗しないので」よりも「いたしません」のほうが口に出して読みたい日本語で、できれば畳み掛けるように言いたいのでリズミカルに問いかけてほしい。

最近の米倉涼子のビールのコマーシャルで「うまーい!」とかなんとか爽快感を出そうとしているけれど信じられないくらい演技が下手で、一緒にテレビを見ている人がいれば顔を見合わせるレベルなんだけど、大門未知子としてやればこんなことにはならなかったことはたしかで、米倉涼子にはいつもちゃんと、わかりやすい単純な役を与えてほしい。CMは要注意。家族的なつながりを持つ役もよくないし、もっと言うと普通のマンションのリビングとかもシチュエーションとしてよくない。彼女のセッティングにはクレイジーさが必要。

ところで大門未知子について考えたあとで、ケイト・ブランシェットの画像を見ていて、もしケイト・ブランシェットが大門未知子を演じたらとふと妄想した(国連演説の画像でスーツを着ていたりして、すごく女医っぽい。白衣が似合いそう)。するととてもあんな話では済まされなくて、もっと精神的に深刻な何かを抱えた役柄にならざるをえない。深みがありすぎて浅い物語の単純な役を務めることができないということがあるんだなと気づいた。

まるで米倉とドクターXをディスってるみたいだけれどそうじゃなくて、大門未知子みたいな役をかっこよくやれる女優ってそんなにいるわけじゃない。というか日本には全然いない。単純さそのものを表現する力はそれ自体素晴らしいし、無になると浄化が起こり、エネルギー的に強化され、浮上する。観月ありさのナースのお仕事とかもあわせて考えてみるとおもしろい(観月ありさは生まれたときからCMが巧いからまた米倉とは別の何かがある)。

ところでこの記事を書き始めたとき私が一番言いたかったのは、「沢口靖子の後継者は、東宝芸能ではなくてオスカープロモーションから出てきたんだな」ということだった。ただこれについては、「ほほう…」ということ以外何を書くべきかわからないし、よく考えてみるとそれはたんにテレ朝基軸の見方で、実際のところはなんか違うような気がする。沢口靖子はなんか偉大なんだよね。(前から言ってるけど、沢口靖子、黒沢清の映画に出てほしい)。

エンタメ

Posted by apple