【最強伝説】ビニル床の掃除にはリンレイオール床クリーナー

我が家は和室を除いて全面的にビニル床です。掃除機、クイックルワイパー、雑巾で拭く以外の掃除はしてこなかったので、長年の汚れが黒ずみとなっていました。この床をどうにかピカピカにできるんじゃないか、いやしたい、という欲求がわきあがってきたので、調べてやってみることにしました。結果、結構ピカピカになりました。その時活躍したグッズを紹介します。

1.ひたすら汚れを落とす

まず、ビニル床掃除のおすすめに挙げられていたリンレイオール床クリーナーを2倍濃縮くらいの液をバケツにつくり、ブラシにつけて床を磨きます。いままでマジックリンなどでは落ちなかったビニル床フローリングの目地の黒ずみも簡単に落とせます。その分強力な成分の洗剤なので、直接手で触れないほうがよいです。私はビニル手袋をしてやりました。匂いも、昔のトイレ(の洗剤)みたいなきつい匂いです。くさい。けど我慢です。目地にはブラシを1,2回沿わせれば落ちるので、親の敵のようにゴシゴシやる必要はないです。少し置いてからやると浮かび上がってきてより落ちやすいかもしれません。

本気の床掃除にはこの洗剤です!

使ったブラシ。なんか家にあった。助かった。

薄手で使いやすいゴム手袋。なごむ。

2.雑巾・モップでぬぐう

そして雑巾で汚れた泡をぬぐっていきます。ブラッシングと拭き取り作業はひたすら地道です。一度に50cm四方くらいずつしか進められないので、狭いキッチンはともかくリビングはなかなかの修行でした。

オール床クリーナーはワックス剥がしにも使える強い洗剤ですので、一度拭きしたくらいでは駄目です。駄目な感じが匂いでも伝わってきますし、皮膚についても感じます。特に我が家には猫もいるので、よくよく拭き取らなくてはいけません。

というわけで、何度も繰り返し雑巾がけをします。そのとき活躍するのはこれです。

これは何年も前から使っていますが、結構活躍しています。普通に雑巾掛けできます。これでえんやこらと床を拭き上げていきます。三回くらい拭きました。

ーーしばし休憩。結構疲れますよ。ーー

10年近く以上住んだ家に初めてワックスをかける!

そうなんです。ワックスをかけるという発想がこれまでの私にはありませんでした。姉の家がちゃんとした木のフローリングなのですが「ワックスをかけたー」というつぶやきを聞いて、ワックスかけるんだーへえーとか思い、じわじわとビニル床にもワックスかけていいという発想が醸成されました。

そう、ここまで床をきれいにしたのは、ワックスをかけるためです。汚れは落ちたけど白っぽくカサカサになったビニル床にワックスをかけます。使用したのは簡単そうなワックスシート。でも中身は本格的です(多分)。

ここでもリンレイの強さが光ります。

どきどきしましたけど自分の導線だけ考えてかければ恐れることはありません。ワックス液はたっぷりなので、足りないということはありませんでした。手につくと、それはぱりぱりしたワックスです。身体に入ったらすごく悪そうな物質なんだけど、かわいたらにやにやしちゃうくらいピカピカです! これは手持ちのクイックルワイパーにつけて使いました。ボロボロのワイパーでシートをつけるところはダンボールで補強してあります。なのでワックスが染み込んでも問題なしでちょうどよかったです。

こうして3日間かけて、リビングとトイレとキッチンのビニル床がきれいになりました。写真は「え、こんなもん?」ってなりそうなので挙げないでおきます。そうなんです。染み込んだ汚れ、傷ついた汚れは、オール床クリーナでも落ちないんですね。入れ墨みたいなものです。そうならないように最初の段階でしっかりワックスをかけて床を守ることが大事です!(教訓)

ーーーーーーー

ちなみに、「オキシクリーン」できれいになったという報告もあったので迷ったのですが、成分が似ている「シャボン玉せっけん 酸素系漂白剤」で試したところ、いまひとつの落ちだったので見送りました。掃除する方としては床クリーナーより害がなさそうでいいんですが。床クリーナーのケミカルなパワーはすごくて、なんでも落ちそうな万能感を感じます。

もの

Posted by apple