論文執筆用アプリを探して

th_splitshire-3279

先日紹介したこの本に従って、毎朝起き抜けで机に向かい、2,3時間は論文を書いています。クオリティはともかく、確実にページを重ねています。

形から入るタイプなのでしばらく論文執筆用アプリも探していました。よりよいアプリを求めて検索の日々。とはいえ卒論はWordで書きましたし、文系の研究者はあまりこだわりなくWordを使っている人が大半だろうと思います。最近のWordは安定していて長文を書いても重くなったりはしません。問題はないのですがなんというか……新しい風を……要するに気分の問題ですね。

Scrivener

以前から持っていたScrivenerに引用文を集めていました。日本語化もしましたが、機能が複雑で圧倒されてしまうのと、それでいてやりたいちょっとしたことができないこと(コルクボードのカードに最初の数行を入れたい、等)、そしてなんというかWindows的な?若干古い雰囲気が微妙でした。昔、これで小説を書いたこともありますが、章ごとに動かしているうちに混乱してしまいました(笑)。上手に使いこなせればはまるんでしょうね。

Ulysses

で、Ulyssesを試しました。本家のサイトで試用版をダウンロードできて、10時間試せます。ダウンロードしてから10時間ではなくて、使っている時間の合計なので、結構な文章量を書くことができます。気持ちよく使えたので、買いました。今もこれで書いています。論文も。でも、正直な気持ちあんまり論文向きではなくて、ブログ記事向きな気がしています。どういうところがというのを言うのが難しいのですが、カチッ、パキッとした感じが足りないのです。

Manuscripts

実は論文を書くのにぴったりのアプリがあって、Manuscriptsといいます。http://lifehacking.jp/で、「まさに論文工場。」と紹介されていて、これはと思って使い始めたら、文字組みがとにかく美しいのだけど真面目さはちゃんとあって、本当に気持ちよく書けて、素晴らしい!!と思ったのですが、落ちます。落ちまくります。日本語だからでしょうか。落ちても必ずセーブされているのですが、落ちるたびに気持ちがふっと途切れるのでまともに使えません。1.0のまま開発が止まってしまっているようです。残念すぎる!

追記1(2018/02/14)
その後、ver.1.29が出て、落ちなくなりました。ただ無効なキーを押した時のエラー音が苦手。セッティングで変えられるのかもちょっとわからず。

追記2
最後までは無理だけど、叩きを作るにはWorkflowyもいいかも。アウトライナー大事。

 

というわけでまだごにょごにょ探したり、試したり、戻ったりしそうです。必要な機能は、章立てが構造化できることと脚注くらい。あとはいかに論文モードを盛り上げて気持ちよく書かせてくれるかですが、この辺知らず知らずのうちに要望が大きくなっています。アプリ探究続行中を言い訳にはせず、コツコツ書き進めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。