必然性に対する安堵の感覚(『キラー・インサイド・ミー』と『スライディング・ドア』)

キラー・インサイド・ミー

『キラー・インサイド・ミー』(原題: The Killer Inside Me)を見た。(以下ネタバレあり)

幼年期のトラウマを引きずるサイコパスによる連続殺人。淡々とした描写、サクサク非情な殺人が進んでいく。犯人は極端なまでに善良な市民だったし、これからもそうであり続ける。殺す理由が道義に合わないだけではなく、あるべき憎悪や狂気さえ見当たらない。ただそうせざるを得ないから殺す。激しい暴力描写にあるはずの痛ましさは、不思議と取り除かれている。なぜか被害者がかわいそうではない。特に愛された女たち。彼女たちは彼の欠損に反応し、惹かれてそこにいる。彼に傷つけられるために。「仕方なく殺した。皆の運命は最初から決まってた」という犯人の言葉に同意したくなる。もう誰も傷つけたくないという彼の言葉も、真実なのだろう。行動がそれを裏切るのは、必然性のためだ。

たくさんの人が巻き込まれる悲惨な事態なのに、絶望よりも必然性に対する深い安堵の感覚が勝る。

スライディング・ドア

『スライディング・ドア』という、全体的にサラッとしていて、いかにもグウィネス・パルトロー的な、まったく大した映画ではないのだけれど、としつこく前置きしたくなる、けれどずっと昔に見て以来なんだか忘れられなかった映画が、アマゾンプライムビデオにあったので見返してみたら、やはり90年台後半的な閉塞感にあふれた、おしゃれなグウィネスをたくさん見せることを重視したどうってことのない映画という感じだったのだけれど、ああ、そうかと合点がいったのは、必然性というものに対する安堵をさらっとわかりやすく表現したものだったからだ。

If もしもの世界で、選んだ扉によって人生はそれぞれ違った展開を見せる。生じる行為と感情はまったく別のものだ。しかし生命の誕生や死といった肉体に関わる一切は、行為に関わらず決定されている。精神に関わる愛する人との出会いや別れも、時間のズレはあるが、ある決定された地点に収束していく。感情的な波乱は、心身の生成変化には本質的には関与しない。単なる装飾にすぎないのだと思わせる。

仕方がない。人はこの世界に否応なく巻き込まれていく。地下鉄のドアが閉まる前に飛び乗れても、乗り遅れても、大筋は変わらない。それを「自然」という。

カスタマーレビューで酷評されていておもしろい。

 

 

必然性に対する安堵の感覚(『キラー・インサイド・ミー』と『スライディング・ドア』)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: エゴの克服は映画になるか?(『リボルバー』) – changelog.biz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。