わからないままでいること

 

「修行の旅に出ようと思っています」

「その修業の目的は何か」

弟子は「わかりません」と答え、師は「ああ、知らないことがもっとも親密なものだ」と告げるのです。

ステファン・ボディアン『過去にも未来にもとらわれない生き方』

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。