ゼロ秒思考メモを始めた。

この記事を参考に、先々週くらいからゼロ秒思考メモを始めたらすごくいい。

toricago.hatenablog.com

一日目は五十枚くらい書いたんじゃないかと思う。

頭がすっきり!という実感までは至っていないが、「あ、そうか」という気づきがたくさん出てくる。もやもやが減っているのを感じる。

考えないで書き、メモのクオリティなど気にしないところがとてもいい。あれこれ気にしないことと、ノートではなくコピー用紙を使うこととは深いつながりがあると思う。検索性はあまりよくないけれど、もし変なことを書いちゃっても捨てればいいやという心理的な軽さがある(ノートを破るのは抵抗があるし、破った事実が残る感じがする)。それから量がかさばるところがいい。吐き出したぞ、というリアリティがある。

ゼロ秒思考メモは、箇条書きで数行。余白多めでコピー用紙を贅沢に使う。緻密な思考とか、ぎちぎちに詰まった感情をびっしりとノートに書き込むよりも、感情や思考の吐露に余白が生まれる。思考は思考を導き、以下果てしなくつづくけれど、じつはそれが途切れたところにヒントや解決策、思いがけない発想がある。箇条書きでそれが生まれやすくなる。

感情をコントロールするよりも手放す(セドナ)。悩みをなんとかするよりも吐き出す(ゼロ秒思考)。そうして自分を軽くすることで、吸収力と行動力が高まるんじゃないだろうか。

ゼロ秒思考

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

今日のスタンプ:返事下書き中

f:id:nemotonemo:20170322232632j:plain

こちらに入ってます。

store.line.me

ゼロ秒思考メモを始めた。」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ペンの研究:エナージェルユーロとハイテックポイントV7 | changelog.biz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です